Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '18.05.07 新規リリース。
1.00.01 '18.07.18 ■変更内容
【機能改善】
  1. 計算書の結果一覧に変位および荷重係数を考慮しない分担重量、慣性力の出力を追加しました。

【不具合対策】
  1. 下記、出力に関する不具合を修正しました。出力のみの不具合で計算結果に影響はございません。
    • 「橋台の設計」との連動データの出力において、文字化けがおきる
    • 「橋梁モデルの解析|固有周期・設計水平震度」レベル2の出力において、不要な記号Csが出力される
    • 「1基下部構造|概略」可動支承時のレベル2慣性力の式が正しく出力されない
1.00.02 '18.12.25 ■変更内容
【機能改善】

  1. 「任意骨組解析」機能にて、「荷重係数および荷重組合せ係数考慮」の設定を追加しました。
    ※旧データは、結果を保持するため考慮なしの設定で読みこまれます。

【不具合対策】
  1. 固有周期算定および橋脚形状の降伏剛性算定における荷重組合せ係数の適用に誤りがありましたので修正しました。

    誤:@永続作用支配状況 
    正:レベル1I変動作用支配状況(D+EQ) レベル2J偶発作用支配状況(D+EQ)

    ※組合せ係数は、@IJすべて「1.0」と規定されているため、組合せ係数を変更していない場合については結果に影響はありません。
  2. 橋梁モデルの解析を行わない場合に「下部構造の水平方向の剛性」が出力できない場合がある不具合を修正しました。
  3. 下部構造が未配置の橋梁モデルが含まれていると印刷プレビュー時にエラーが発生する不具合を修正しました。
2.00.00 '19.02.04 ■変更内容
【機能改善】
  1. 「Engineer's Studio」(Ver.8)データのエクスポートに対応しました。
    ※非線形モデルのエクスポートを行うにはUC-1下部構造製品と連携する必要があります。
  2. 「永続・変動作用時の解析」に対応しました。
    ※本機能は、特性値による解析を行います。部分係数は考慮されません。
  3. レベル2地震動における橋台の支承水平反力の算定に対応しました。
  4. 設計調書の出力に対応しました。
  5. 「1基下部工の計算(単体機能)」の結果一覧出力に記号の説明を追加しました。

【不具合対策】
  1. 下部工形状入力にて、フーチング幅が形状入力で確定している場合に直接基礎の入力表にフーチング幅が正しく表示されない不具合を修正しました。
  2. 結果一覧の出力において、地震動タイプUの設計水平震度の記号がkIh(タイプT)で表記されている不具合を修正しました。
2.00.01 '19.06.03 ■変更内容
【機能改善】
  1. 結果確認画面の一覧表示にレベル2地震動の橋台支承に生じる水平力を算定するための設計水平震度を追加しました。
  2. 計算書の結果一覧表にレベル2地震動の橋台支承に生じる水平力を算定するための設計水平震度および水平力の出力を追加しました。
  3. 上部構造「骨組直接入力」のガイド図に舗装を示すラインを表示するようにしました。

【不具合対策】
  1. ESエクスポートにおいて、隣接上部構造が含まれる場合にES側で計算チェックにかかる不具合を修正しました。
  2. 下部構造形状入力の出力において、鋼管杭の羽径に関する文言が出力される不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 2.0.0〜2.0.1」
2.00.02 '19.10.30 ■変更内容
【重要】
  1. 2019年10月のWindows Update 月例パッチ適用後、通信エラーが発生しWeb認証が出来ない場合がある不具合を修正しました。

【機能改善】
  1. 「1基下部構造(単体機能)」において、可動支承の場合も0.45倍設計水平震度を算定するように修正しました。
  2. 「1基下部構造(単体機能)」結果確認画面において、0.45khの表示桁数を小数点以下3桁から小数点以下4桁表示に修正しました。
  3. Windowsの設定によって図が小さく出力される場合の対策を行いました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 2.0.0〜2.0.2」
2.00.03 '20.03.18 ■変更内容
【機能改善】
  1. 「1基下部構造(単体機能)」解析条件画面において、橋軸直角方向の設計振動単位に関する注意事項を表示しました。
  2. 計算書の結果一覧に「地域別補正係数・設計水平震度の標準値((丸めなし)」の出力を追加しました。
  3. 計算書にて、下部構造配置情報の出力を改善しました。
  4. 上部構造形状入力 荷重入力のデータチェックを改善しました。

【不具合対策】
  1. 連動データの形状が表示されない場合がある不具合を修正しました。
  2. 「1基下部構造(単体機能)」のみ使用している場合に下部構造の水平方向の剛性が出力されない場合がある不具合を修正しました。
  3. 「1基下部構造(単体機能)」の出力において、レベル2タイプUの地域別補正係数としてタイプTの値が出力されている不具合を修正しました。
    ※出力のみの不具合で計算結果に影響はありません。
  4. 連動データの出力にて「常時基礎ばね」という表現が残っている不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 2.0.0〜2.0.3」
  2. 「操作方法|1基下部構造|解析条件」
3.00.00 '20.10.07 ■変更内容
【機能拡張】
  1. 「道路橋 支承便覧 平成30年12月」版に準拠したゴム支承の照査機能を追加しました。
  2. 下部構造プロダクトと連動している場合に各下部構造の設計計算書を統合して出力できるようにしました。
    下記の条件において、震度算出から下部構造の設計計算書を出力する事が可能です。
    ・統合出力に対応した下部構造プロダクトで保存されているデータである
    ・保存時に「設計計算書データを付加する」の設定をチェックして保存している
  3. 免震設計に対応しました。
    ※橋梁の減衰定数による設計水平震度の低減を考慮することはできません。
    レベル2地震動については、主に「Engineer's Studio」エクスポートのサポートを目的としています。
    ・免震支承の等価剛性算定機能を追加しました。
    ・「Engineer's Studio」エクスポート時に設計変位を指定することで免震支承のバイリニアモデルを作成する機能を追加しました。
    ・非線形動的解析モデルのエクスポートにおいて、免震橋としての水平変位の制限値を適用できるようにしました。
    ※免震橋としてのエクスポートに対応した下部構造プロダクトで保存されたデータが対象です。

【仕様の変更】
  1. 風時の解析における荷重ケース名称を任意で設定できるように変更しました。
    旧データについては、1ケース目「活荷重載荷時」 2ケース目「活荷重無載荷時」の名称が設定されます。
    新規データは、1ケース目「活荷重に作用」 2ケース目「橋桁に作用」の名称が設定されます。
  2. 風時の上部工重心位置に作用する水平力を算定する際、下記の結果を確認できるように拡張しました。
    ・上部工重心位置に作用する曲げモーメント
    ・支点位置(支承位置)に作用する曲げモーメント

【機能改善】
  1. 下部構造プロダクトと連動している場合に下部構造側の保存日時を確認できるようにしました。
    ※「構造物形状の登録|下部構造」画面、「印刷項目の設定|下部構造製品の計算書を統合|出力形式の選択」画面にて確認できます。
    ※日付保存に対応している下部構造プロダクトで保存されたデータのみ表示します。
3.01.00 '20.12.01 ■変更内容
【機能拡張】
  1. 橋梁モデルの橋軸方向解析において、上部構造はり位置を「支承位置」とする設定に対応しました。
    本設定により、下部工天端より、0.3(m)の位置などに慣性力作用位置を設けることが可能になります。
  2. 分担重量、慣性力の丸めに対応しました。オプション「表示桁・丸めの設定」で設定します。
  3. 下部構造形状入力の杭基礎において、地震の影響を考慮しない基礎ばね算定に用いる杭軸方向ばね定数Kvを別途設定できるように拡張しました。
  4. 「Engineer's Studio」エクスポートデータの改善を行いました。
    ・支承の減衰定数を橋軸方向、橋軸直角方向のそれぞれ水平ばねの状態によりランごとに設定
    ・免震支承をバイリニアモデルでエクスポートする場合に「ばね要素剛性低減」にバイリニア1次剛性と等価剛性の比を設定

【不具合対策】
  1. 「Engineer's Studio」エクスポートにおいて、橋脚(非線形モデル)上の支承の減衰定数が正しく設定されない場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 3.0.0〜3.1.0」
  2. 「操作方法|入力データ|基本条件」
  3. 「操作方法|メインメニューの操作|ファイル|Engneer's Studioデータのエクスポート」
  4. 「操作方法|メインメニューの操作|オプション|表示桁・丸めの設定」
  5. 「Engneer's Studioへのエクスポート|Engneer's Studioデータファイル」
3.01.01 '21.01.22 ■変更内容
【機能改善】
  1. 免震設計時にレベル2地震時の支承条件として「拘束」を選択できるようにしました。
  2. 基下部構造(単体機能)の詳細出力「設計水平震度の算出」より、荷重係数の出力を削除しました。

【不具合対策】
  1. 免震設計とした場合に結果確認画面の一覧表が正しく表示されない不具合を修正しました。
    表示上の不具合で結果に影響はございません。
  2. 上部構造形状入力「箱桁」の入力データチェックが正しく行われない場合がある不具合を修正しました。
    ※本修正により、既存のデータが入力チェックにかかる場合がございます。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 3.0.0〜3.1.1」
  2. 「操作方法|メインメニューの操作|オプション|表示桁・丸めの設定」
  3. 「操作方法|入力データ|基本条件」
  4. 「操作方法|入力データ|1基下部構造(単体機能)|解析条件」
  5. 「操作方法|入力データ|免震橋梁(橋梁モデルの解析)|免震支承の等価剛性」
3.01.02 '21.07.09 ■変更内容
【不具合対策】
  1. 免震設計時に「分担重量(1基)」画面において、レベル2地震時の荷重が指定できない不具合を修正しました。
  2. 計算書において、下記の不具合を修正しました。
    ・「設計水平地震力を作用させた場合に支承に生じる設計変位」の出力において、変位算定に用いる上部構造分担重量の記号を修正しました。
    ・旧ファイルを使用した場合、不要な橋梁の減衰定数算定に用いる設定が出力される場合がある不具合を修正しました。
    ・1基下部構造計算(単体機能) 結果一覧の出力において、下部構造名称が長い場合に枠内に収まらない不具合を修正しました。
    ・1基下部構造計算(単体機能) 解析モデルの出力において、不要である許容塑性率が出力される場合がある不具合を修正しました。
  3. Engneer's Studioデータのエクスポートにおいて、2重格点番号が正しく設定されない場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 3.0.0〜3.1.2」
4.00.00 '21.10.06 ■変更内容
【機能拡張】
  1. ブロック単位の計算に対応しました。
  2. 風荷重の入力を改善、拡張しました。
    ・風荷重の入力単位を「面積あたり」または「長さあたり」から選択できるようにしました。
    ・活荷重に対する風荷重の自動計算機能に対応しました。
    ・風荷重作用位置を始終端でそれぞれに指定できるように拡張しました。
  3. 下部構造形状入力を用いた場合も計算結果をファイルへ保持するようにしました。
    ※保存した結果は、「UC-1 Engineer's Suite 下部工基礎スイート 橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.4.0.0
    」以降で結果だけを取り込む事が可能です。
  4. 上部構造形状入力「簡易式」において、桁幅を指定できるように拡張しました。
  5. 上部構造形状入力「JIS箱桁」において、間詰コンクリートを考慮できるように拡張しました。
  6. メイン画面および結果確認画面に表示される下部構造配置マークのサイズを指定できるようにしました。

【不具合対策】
  1. 上部構造形状入力「箱桁」において、桁高が正しく反映されない場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 4.0.0について」
  2. 「操作方法|入力データ|基本条件」
  3. 「操作方法|入力データ|構造物形状の登録|上部構造|上部構造データ|簡易式:桁幅」
  4. 「操作方法|入力データ|構造物形状の登録|上部構造|上部構造データ|JIS箱桁:断面寸法」
  5. 「操作方法|入力データ|永続・変動作用時の解析|解析条件」
  6. 「操作方法|入力データ|永続・変動作用時の解析|風荷重」
  7. 「操作方法|メインメニューの操作|オプション|表示項目の設定:下部工位置マーク」
  8. 「計算理論および照査の方法|複数下部構造|ブロック単位固有周期の算出方法」(追加)
4.00.01 '21.11.12 ■機能改善
  1. 分担重量、慣性力の丸めの単位に「50単位」での丸めを追加しました。
  2. 下部構造形状入力「橋脚」において、主鉄筋データを入力した場合、解析時に考慮される鉄筋本数の出力を追加しました。

■不具合対策
  1. 掛違部で「可動」「固定(ばね)」の支承条件が混在するブロック単位の出力でエラーが発生する不具合を修正しました。
  2. 下部構造形状入力において、基礎連動ファイルが読み込めない不具合を修正しました。
  3. 1基下部構造(単体機能)の計算において、分担重量および慣性力の丸め方法が「切り上げ」としていても「四捨五入」で丸められる不具合を修正しました。
  4. FRAME確認画面において、メッセージの文字が正しく表示されない不具合を修正しました。
  5. 構造物名称に出力制御文字列が含まれる場合、構造物情報が正しく出力されない場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. バージョン及び改良点「Version 4.0.0〜4.0.1」
  2. 「操作方法|メインメニューの操作|オプション|表示桁・丸めの設定」


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
国土交通省 国土技術政策総合研究所(国総研)
森下 えみさん
[ 新連載 ]
FORUM8 RALLY JAPAN
記念連載

ピルビスワーク実践講座







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
車いすシミュレータ
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.8
Engineer's Studio® Section Ver.2
UC-1 Engineer's Suite積算
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.15

キャンペーン実施中
新規ユーザ様ご紹介キャンペーン
パックン出演!CM放送連動スイートシリーズ半額キャンペーン

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/09  EXODUS・SMARTFIRE
   体験
12/10  建築基礎、地下車庫の
   設計体験
12/14  弾塑性地盤解析
12/16  2D・3D 浸透流解析体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション