Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '18.05.07 新規リリース。
1.00.01 '18.06.04 ■要望対応
  1. 鋼管矢板基礎:基礎側面の鋼管矢板の鉛直反力の算出方法を改良しました。
  2. 杭基礎:杭部材照査でエラーが発生した場合のメッセージ内容を改善しました。

■不具合対応
  1. 直接基礎:Y方向検討時の滑動照査時のモーメントが0となり、有効載荷面積に考慮されない不具合を修正しました。
  2. 直接基礎:円形時の断面積及び地盤反力度の算出ミスがあり、これを修正しました。
  3. 杭基礎:永続変動作用の計算書一覧表が出力される不具合があり、これを修正しました。
  4. 杭基礎:予備計算の押込力/引抜力の直接指定が反映されないケースがあり、これを修正しました。
  5. 鋼管矢板基礎:本体設計時のX方向設計時の鉛直反力にY方向の鉛直反力が設定される不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.00.02 '18.07.20 ■要望対応
  1. 杭基礎:安定計算のkh補正前変位(初期変位)を計算書に出力するように改善しました。
  2. 杭基礎、直接基礎:フーチング照査の耐久照査(腐食)ケースにおける計算と出力改善を行いました。
  3. 杭基礎:旧H24下部工連動時の地層データ(支持層の先端N値等)を残すように改善しました。
  4. 杭基礎:偶発作用時のせん断耐力照査(場所打ち杭)において、ウェブ圧壊の制限値(Sucd)照査を行うようにしました。
  5. 杭基礎:フーチング照査の計算書における改ページ処理を改善しました。
  6. 杭基礎:照査断面より外側に杭列が存在しない場合のせん断スパンの取扱いを改善しました。
  7. 鋼管矢板基礎:側面水平方向せん断kSHDを0.6KHDで計算するように改善しました。
     ※H24年道示と同じ理由で両面を考慮するための仕様変更です。
  8. 鋼管矢板基礎:永続変動作用の継手のせん断剛性のデフォルトを変更しました。
     ※平成29年道路橋示方書では、継ぎ手管のせん断剛性,抵抗力の上限値は永続作用、変動作用、偶発作用で同じ値を使用します。
  9. 鋼管矢板基礎:杭の押込み力の制限値を拡張しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎、直接基礎:1.0(D+L)のケースをフーチング照査の耐荷性能照査で行っている不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:計算書のフーチング下面中心作用力の表が1ページ内に収まって表示されない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:フーチング照査(永続変動作用)で腐食・疲労の結果に地震時ケースが表示される不具合を修正しました。
  4. 杭基礎:杭体照査の断面力出力ミスを修正しました。
  5. 杭基礎:作用力自動計算時で液状化無視/考慮の場合、計算書の出力ミスを修正しました。
  6. 杭基礎:フーチング限界状態1の判定ミスを修正しました。
  7. 鋼管矢板基礎:設計条件の極限支持力の特性値の出力に不具合を修正しました。
  8. 杭基礎:フーチング照査(最小鉄筋量)を行う場合、計算実行にモジュールのアドレス違反が発生するケースを修正しました。
  9. 杭基礎:杭体画面の非表示(自動配筋)のタブが表示される不具合を修正しました。
  10. 直接基礎:基礎底面地盤の極限鉛直支持力の特性値算出時のB,Dの扱いを修正しました。
  11. 直接基礎:「許容偏心量」の表示を「偏心量の制限値」に変更しました。
  12. 杭基礎:版としてせん断照査スイッチ(杭中心位置が照査断面上にある場合)を「照査しない」とした場合、本来版照査として計算すべきケースで照査を行っていない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.00.03 '18.09.03 ■不具合対応
  1. 杭基礎:レベル2地震動の応答塑性率照査における場所打ち杭のせん断耐力制限値の算出ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:フーチング照査(偶発作用)で最小鉄筋量照査を行う場合、ツリー判定ミスのケースがあり、これを修正しました。
  3. 液状化の判定:計算書の結果一覧表で罫線が途中で切れるケースがあり、これを修正しました。
  4. 鋼管矢板基礎:頂版部材照査でアドレス違反エラーが発生する不具合を修正しました。
  5. ケーソン基礎:側壁鉛直方向の部材計算で0割エラーが発生する不具合を修正しました。
  6. 杭基礎:PHC杭の部材照査において、曲げモーメントの限界状態1曲げ応力度の算出ミスのケースがあり、これを修正しました。
  7. 杭基礎:偶発作用柱基部断面力を指定する場合のフーチング下面中心作用力に慣性力分が集計されていない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.01.00 '18.09.21 ■要望対応
  1. 杭基礎:場所打ちコンクリート杭の鉄筋かご無溶接工法に対応しました。
  2. 杭基礎:計算書の結果一覧表に対応しました。
  3. 杭基礎:ESエクスポートに対応しました。
  4. 杭基礎:場所打ち杭サンプル計算例(Pile_5.PFJ)を追加しました。
  5. 杭基礎:PHC杭のせん断照査においてせん断スパン比の影響(参考資料8)を考慮するようにしました。
  6. 杭基礎:PHC杭の杭体と杭本体(L2)画面の連動ボタン機能を改善しました。
  7. 杭基礎:道示W P.547 軟岩を支持層とする打込み鋼管杭の軸方向押込み力の推定方法に対応しました。
  8. 杭基礎:PHC杭の部材照査(永続作用支配状況における耐荷性能照査の前提)を追加しました。
  9. 杭基礎:杭部材照査の計算書を改善しました。
  10. 杭基礎:永続変動作用の計算理論の説明をヘルプに追記しました。
  11. 杭基礎、直接基礎:係数考慮前/後の値を入力するのかを画面で明記するようにしました。
  12. 杭基礎:杭頭接合部 鉄筋ピッチ表示機能を追加しました。
  13. 共通:既存サンプルデータの内容を更新しました。
  14. 共通:旧道示版作成のxprファイル読込制限を追加しました。
  15. 鋼管矢板基礎:基礎底面水平方向せん断 ksの数値結果の出力に対応しました。
  16. 鋼管矢板基礎:鉛直反力の詳細出力に対応しました。
  17. 杭基礎:1/2MmaxとL(1/2Mmax)を画面印刷時に出力するように改善しました。
  18. ケーソン、地中連壁、鋼管矢板基礎:xprインポート時に荷重タイプも含めて取り込むように改善しました。
  19. ケーソン基礎:側壁水平方向の部材照査において腐食計算結果は省くように改善しました。
  20. 図面:数量計算書出力に対応しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:単独設計時の土圧力がフーチング照査に考慮されていないケースがあり、これを修正しました。
    また、「作用力の指定方法」=「入力」の場合において、土圧力画面を確定すると、底版下面中心における作用力に土圧力が考慮される不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:永続変動の安定計算(及び杭体計算)を実行すると、杭体画面で設定したPC鋼材量が基準値の設定値に変更される不具合を修正しました。
  3. 鋼管矢板基礎:脚注下端作用力」画面−「柱の浮力:考慮する/考慮しない」のスイッチ(H29年道示版は削除)について、
    「柱の浮力:考慮する」(内部固定)の状態が正しい動作になりますが、柱の浮力:考慮しないで作用力を集計している不具合を修正しました。
  4. ケーソン基礎:円形時の基礎底面の鉛直方向地盤反力係数の算出ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.01.01 '18.11.02 ■要望対応
  1. 杭基礎:杭軸方向ばね定数 γu及びγyの出力桁を小数点以下7桁まで出力するようにしました。
  2. 杭基礎:安定計算(偶発作用)の印刷時のタイトル内容を改善しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:PHC杭 コンクリートの斜引張応力度(限界状態1) τの算出式の出力ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:下部工連動時の所定動作でフーチング主鉄筋材質が杭体の鉄筋材質情報を上書きし、材質画面(杭体)画面で変更した鉄筋材質で正しく計算されない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:偶発作用時のフーチング前面抵抗計算書の表が崩れる不具合を修正しました。
  4. ケーソン基礎:連結筋の限界状態1 Myc算出ミスを修正しました。
  5. ケーソン基礎:頂版支持部の必要鉄筋量算出ミスを修正しました。
  6. 直接基礎:支持層が岩盤のときの鉛直荷重に対する耐荷性能の安定照査で、D+EQのケースの照査が行われない不具合を修正しました。
  7. 杭基礎:鋼管ソイルセメント杭の杭部材照査で抽出モーメントが0となるケースがある不具合を修正しました。
  8. 杭基礎:杭頭接合部の計算書のイメージ図でフーチング高が表示されない不具合を修正しました。
  9. 杭基礎:計算書一覧において、偶発作用のフーチング部材判定ミスの不具合を修正しました。
  10. 杭基礎:杭体から決まる引抜きの上限値において、「杭体の鋼材と杭頭補強鉄筋の小さい方より算出」を選択した場合、杭頭補強鉄筋の材質取得ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.01.02 '18.12.04 ■要望対応
  1. 杭基礎:耐久性能の杭部材照査において、場所打ち杭:鉄筋の引張応力度、PHC杭:斜引張応力度の照査機能を追加しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:偶発作用の結果確認画面の断面力(曲げ、せん断、地盤反力)が実値の1/10程度で描画される不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:回転杭の変位の制限照査(引抜力制限値)の算出ミスを修正しました。
  3. 杭基礎:偶発作用の杭体から決まる引抜き支持力の上限値算出において、杭体の鋼材と杭頭補強鉄筋の小さい方を選択した場合、杭頭補強鉄筋の鉄筋量の計算ミスを修正しました。
  4. 鋼管矢板基礎:偶発作用時の頂版部材照査の制限値算出ミスを修正しました。
  5. 杭基礎:軟岩を支持層とした場合の打込み鋼管杭のKv算出ミスを修正しました。
  6. 杭基礎:杭基礎:計算書一覧において、判定結果ミス(偶発作用)及び結果の抽出ミス(杭部材照査,杭頭結合部)を修正しました。
  7. 杭基礎:杭頭結合部の計算書において、軸力の単位ミスを修正しました。
  8. 直接基礎:フーチング前面抵抗を考慮する場合に不要な計算書が出力される不具合を修正しました。
  9. 鋼管矢板基礎:永続変動作用画面の水位連動ボタン処理にミスがあるケースを修正しました。
  10. 杭基礎:杭部材照査において、杭頭水平反力が0.0時の正曲げ、負曲げの判定ミスを修正しました。
  11. 杭基礎:斜杭時の押込力引抜力の制限値(使用値)が変更できない不具合を修正しました。
  12. 鋼管矢板基礎:L2基本条件画面の塑性化を考慮する/しないの選択が計算に正しく反映されていない不具合を修正しました。
  13. 杭基礎:永続変動作用の杭部材照査(斜杭を含むケース)ツリー判定の不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.01.03 '19.01.07 ■要望対応
  1. 杭基礎:杭部材照査において、杭頭水平力PH=0のときの正曲げと負曲げの機能を拡張しました。
    ※「計算条件」−「設計条件」−「杭体照査」の杭頭水平力PH=0時の正曲げ、負曲げの扱いで設定します。
  2. 杭基礎:固有周期算定用の基礎ばねに用いる杭の軸方向ばね定数Kv算出機能を拡張しました。
    ※「計算条件」−「設計条件」−「k値・Kv値」固有周期用Kv算定における杭先端の鉛直方向地盤反力係数の取扱いで設定します。
    ※「予備計算・結果確認」−「Kv値」Kv(固有周期)(使用値)をご確認ください。
  3. 杭基礎:杭頭結合部の定着長に関連する入力画面の制御を改善しました。
  4. 杭基礎:単杭における計算書一覧の表作成を改善しました。
  5. 杭基礎:杭のサンプル(Pile_1.PFJ〜Pile_6.PFJ)の設定を見直しました。
  6. 杭基礎:杭頭結合部の計算書において、耐荷性能照査の補足コメントを常に出力するように改善しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:地盤の変形係数の推定方法「標準貫入試験のみ(N値が5以上の粘性土)」を選択した場合、杭部材照査のξ1取得ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:計算書作成−結果一覧表(PHC杭、軸力及び曲げモーメントに対する限界状態1)の抽出ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.02.00 '19.02.07 ■要望対応
  1. 杭基礎、直接基礎:3Dアノテーション(寸法表示)に対応しました。
  2. 杭基礎:PHC杭のせん断スパン計算時の杭の分割ピッチを入力できるようにし、計算時間を短縮できるようにしました。
  3. 杭基礎、ケーソン基礎、地中連続壁基礎、鋼管矢板基礎:偶発作用時の計算で、液状化無視/考慮ごとに基礎塑性化を「期待する/しない」を設定できるようにしました。
  4. 杭基礎:地盤の変形係数の推定方法を計算書に出力するようにしました。
  5. 杭基礎:場所打ち杭の帯鉄筋情報を計算書に出力するようにしました。
  6. ケーソン基礎、地中連続壁基礎、鋼管矢板基礎:各入力画面で、係数考慮前/後のどちらの値を入力するのかを明記するようにしました。
  7. 鋼管矢板基礎:矢板の鉛直反力の表に隔壁矢板の結果を表示するようにしました。

■不具合修正
  1. 杭基礎:鉄筋かご無溶接工法において、L型(L6×50×50)の断面積Aの値を5.644cm2へ修正しました。
  2. 鋼管矢板:矢板の鉛直反力の合計において、頂版範囲の合計を10分割ではなく5分割で算出していたのを対策しました。
  3. 液状化:N値測定点の入力画面で、測定点を最大個数入力すると、エラーが発生するのを修正しました。
  4. 杭基礎:橋台フーチング照査(永続変動時)において、前趾と後趾と逆に計算し、計算書(結果確認)に出力しているケースがあり、これを修正しました。
  5. 杭基礎:回転杭の軸方向ばね定数の鉛直方向地盤反力係数kvを羽根径で計算していなかったのを修正しました。
  6. ケーソン基礎:頂版張出なしのときに、頂版支持の部材照査の制限値(σba)が0になっていたのを修正しました。
  7. ケーソン基礎:作業室天井スラブの部材照査(施工時「荷重水満載状態/水替え状態」)において、曲げに対する照査の危険ケースが正しく抽出されていなかったのを修正しました。

■ヘルプ修正
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.0.0〜
  • 必要システム及びプロテクト−必要システム

2.操作方法
  • メニューの操作−入力−杭基礎−偶発作用−基本条件(橋脚)
  • メニューの操作−入力−鋼管矢板基礎−レベル2地震時基本条件(橋脚)
  • メニューの操作−入力−ケーソン基礎−偶発作用(レベル2地震時)基本条件(橋脚)
  • メニューの操作−入力−地中連続壁基礎−偶発作用基本条件(橋脚)
1.02.01 '19.03.07 ■要望対応
  1. 杭基礎:杭先端条件の初期値を「ヒンジ」に変更しました。
  2. 杭基礎:偶発作用時の場所打ち杭詳細計算書にせん断耐力上限式を追加しました。
  3. 直接基礎:地盤反力照査において底面反力の作用幅xが負値となる場合には、判定結果を「―」で表示するようにしました。
  4. 共通:「基準値」−「コンクリート材質」画面に初期化ボタンを追加しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:場所打ち杭のM−φ算出用軸力の扱い「杭列ごと反力」を選択した場合のせん断耐力の計算/計算書の表が崩れる不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:橋台フーチング(永続変動)の後趾側の水位高が正しく計算に反映されていない不具合を修正しました。
  3. ケーソン基礎:部材照査の計算/計算書の不具合を修正しました。
  4. 鋼管矢板基礎:頂版設計時のMyd及びMudが正しく算定されないケースがあり、これを修正しました。
  5. 鋼管矢板基礎:杭頭設計時のMyの値が正しく算定されない不具合を修正しました。
  6. 杭基礎:柱基部作用力(X方向のみ)の場合、フーチング下面作用力が更新されない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.03.00 '19.03.19 ■要望対応
  1. 杭基礎:杭体断面変化の自動決定、場所打ち杭の自動配筋に対応しました。
  2. 杭基礎、直接基礎:設計調書への出力に対応しました。弊社独自の書式として、下記を用意しています。
     1.基礎工設計調書 杭基礎、直接基礎
     2.下部工設計調書 フーチング
     3.杭基礎比較一覧表 
     ※設計調書を出力するには、「調表出力ライブラリVer.2」を当製品と別にインストールする必要があります。
  3. ケーソン基礎、鋼管矢板基礎:基礎ばね結果の出力に対応しました。基礎ばねインポートに対応した下部工製品にて読みこむことができます。
  4. 杭基礎:仮想コンクリート断面照査の耐荷性能照査から1.0(D+L)の荷重ケースは、省くようにしました。

■不具合対策
  1. 鋼管矢板基礎:鋼管本体計算の計算結果一覧表において、表が正しく表示されない不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:ウェブコンクリート圧壊のコンクリートが負担できる平均せん断応力度の最大値の記号を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.03.01 '19.04.05 ■要望対応
  1. 杭基礎:設計調書に回転杭の材質を出力するようにしました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:設計調書において、場所打ち杭を選択した際に照査方向の取得の誤りにより、設計調書出力時と震度連携ファイル保存時にエラーが発生することがあったのを修正しました。
  2. 杭基礎:設計調書の偶発作用時のレベル2地震時の照査において、せん断照査の結果に0が表示される場合があったのを修正しました。
  3. 杭基礎:PHC杭の部材照査において、せん断力照査時のbwに誤りがあったのを修正しました。
  4. 杭基礎:計算書結果一覧において、偶発作用時のフーチングの版としてのせん断照査の耐力表示に誤りがあったのを修正しました。
  5. 直接基礎:極限支持力の照査において、底版が円形の際に底面積が有効載荷面積で計算されているのを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.03.02 '19.05.14 ■要望対応
  1. 一般事項内容の初期値を改善しました。
  2. 液状化:計算書において、表から数値がはみ出さないように表を調整しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:場所打ち杭の部材照査 正曲げのξ1:調査・解析の係数が 0.00で出力されるケースがあるのを修正しました。
  2. 杭基礎:杭先端部の周面摩擦を考慮しない範囲がL2に反映されないケースがあるのを修正しました。
  3. 杭基礎:設計調書の書式において、「その4」のテンプレートの名称が「その3」となっていたのを修正しました。また、脚注の参照項目は削除しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
1.03.03 '19.06.10 ■要望対応
  1. ケーソン基礎:以下の計算書の改善を行いました。
     ・基礎ばね、予備計算(地盤反力係数)におけるBvの出力桁調整
     ・予備計算の基礎底面地盤の鉛直支持力度の制限値 ζCの出力追加
     ・支持地盤を"軟岩or硬岩"とした場合の表記改善
     ・予備計算:地盤反力の上限値の出力桁調整
     ・頂版・施工時の断面力算出:施工時の荷重分担計算のW出力桁調整
     ・作業室スラブ・施工時の荷重:Wcの出力桁調整
     ・基礎底面地盤の鉛直支持力度の制限値 調査・解析係数・抵抗係数の出力改善
  2. 杭基礎:杭頭結合部の形状図描画の改善しました。

■不具合対策
  1. ケーソン基礎:以下の計算及び計算書ミスを修正しました。
     ・支圧応力度の制限値(※基準値−コンクリート材質画面のσba初期値を変更しました)
     ・応答塑性率の照査の記号の表示
     ・安定計算(偶発作用)の計算結果・詳細出力に不要な項目が出力される
     ・部材照査:側壁水平方向の完成後水平荷重作用時 荷重係数
     ・部材照査:側壁水平方向の施工時、完成後の項にある耐久性能照査の抽出結果が正しく表示されない
     ・部材照査:頂版支持部の制限値
     ・部材照査:刃口の断面力算定に施工時荷重係数が考慮されていない
     ・予備計算:基礎底面地盤の鉛直支持力度の制限値 ξ1及びφYの出力
     ・側壁鉛直方向の部材破壊の「応答値」の誤表記
     ・側壁鉛直方向のせん断照査のタイトルがない
     ・パラペットの静水圧の計算書
     ・Wpの計算に荷重係数が考慮されていない
     ・永続・変動作用・施工時、偶発作用のS図描画
     ・水平方向地盤反力度の上限値で粘性土αp上限が1.5ではなく3.0になっている
     ・部材破壊の表記(応力度→特性値)
     ・平均せん断応力度関連の表記
     ・限界状態3と表記すべき箇所に限界状態1
     ・底面地盤の鉛直支持力の制限値 軟岩時 調査・解析係数/抵抗係数が0になる
     ・計算書の予備計算の鉛直支持力(岩盤時)
     ・基礎底面の地盤種別で粘性土が選択できない
  2. 鋼管矢板基礎:レベル2地震時の予備計算の値が、本体計算後に最後に計算した荷重ケースの永続/変動作用時の予備計算の状態(EQ無し、またはEQ有り)に入れ替わる不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:予備計算の固有周期用Kvが更新されないケースがあり、これを修正しました。
  4. 杭基礎:フーチング照査(永続変動作用)で計算書出力時にアクセス違反エラーが発生するケースがあり、これを修正しました。
  5. ケーソン基礎:頂版と側壁連結部のMycが正しく算出されない場合がある不具合を修正しました。
  6. 鋼管矢板基礎:永続/変動作用時の本体計算において、鋼管杭が突出している状態の場合に計算に誤りがあるのを対策しました。また、EQケース以外にも突出部の荷重が考慮される場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.1.0.0〜]
2.00.00 '19.07.04 ■要望対応
  1. 杭基礎:永続変動作用時の2.5次元解析に対応しました。
  2. 杭基礎:地層傾斜に対応しました。
  3. 杭基礎:下部工基礎連動時の偶発時における動的解析作用力直接指定の機能を拡張しました。
  4. 直接基礎、鋼管矢板基礎、ケーソン基礎、地中連壁基礎:永続変動作用の検討ケース数を最大各方向60ケースまで拡張しました。
  5. 鋼管矢板基礎:継手管部のせん断ずれ変位量の出力に対応しました。
  6. 鋼管矢板基礎:負の周面摩擦力に対応しました。
  7. 液状化の判定:層ごとの土質定数の低減係数DEの算出で、自動分割された各層の平均FL値を分割前の層の平均FLとすることができるようにしました。
  8. 杭基礎:予備計算・結果確認画面に各項目の計算条件(直接指定/自動計算)状態を表示するようにしました。
  9. 直接基礎:各方向を形状寸法の入力画面に表記するように改善しました。
  10. 杭基礎:レベル2地震時の連続フーチングの柱間照査を行うときの柱基部断面力の入力チェックおよび結果確認表示を改善しました。
  11. 杭基礎:計算条件Aの「基礎に主たる塑性化を考慮する場合の設計」のコメントを改善しました。
  12. 直接基礎:EQ無し/有り時の基礎ばねの算出に対応しました。
  13. 鋼管矢板基礎:鋼管井筒先端の極限支持度qdの直接入力に対応しました。
  14. 杭基礎:杭頭接合部の限界状態のコメント表記を改善しました。
  15. 杭基礎:版としてのせん断(Ss=k・n・Aw・σsy H29道示V編 P.161〜)照査を拡張しました。
  16. 杭基礎:固有周期用の杭の軸方向ばね定数Kvの過程出力に対応しました。
  17. 杭基礎:杭体部材照査で判定(OK/NG)を含めた出力に対応しました。
  18. 杭基礎:橋台時の基礎に塑性化を考慮する/しないのスイッチを追加しました。
  19. 鋼管矢板基礎:スパン長(L)の入力を改善しました。
  20. 杭基礎:永続変動作用時の杭体任意荷重に対応しました。
  21. 杭基礎:下部工基礎連動動作の改善(下部工側の永続変動荷重画面確定時に、基礎側の作用力が常に未入力状態にならない状態)を行いました。
  22. ヘルプ内容を全面的に改良しました。
  23. 杭基礎:設計調書(その4)の一部表記を改善しました。
  24. 杭基礎,鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎:構造物が橋台基礎の場合に、偶発作用時の上部工の慣性力の入力を支承の水平反力のみとしました。
  25. 杭基礎:偶発作用時(橋台)の土圧係数の計算書内容を改善しました。

■不具合対応
  1. ケーソン基礎:側壁水平方向の耐久性能照査の計算書誤りを修正しました。
  2. ケーソン基礎:頂版と側壁連結部、作業室スラブにおける計算書の表記(σcの表記が引張応力度)の誤りを修正しました。
  3. 杭基礎:突出部水平荷重の項目が出力されるケースがあり、これを修正しました。
  4. 杭基礎:偶発時において軟岩を支持層とする打込み鋼管杭時の地盤から決まる極限支持力の特性値算出ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.01 '19.07.31 ■要望対応
  1. 杭基礎:フーチング(永続変動作用)における耐久性能のせん断照査で 応力度が発生しない場合(σs=0)の計算書を改善しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:偶発作用2.5次元解析のせん断照査でモジュールエラーが発生するケースがあり、これを修正しました。
  2. 杭基礎:杭体任意荷重を考慮する場合、杭体断面力が正しく算出されていない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:断面変化自動決定において、断面変化位置が曲げモーメントと制限値の比が最大のケースで自動決定されないケースがあり、これを修正しました。
  4. 杭基礎:突出杭がある場合、杭体断面力の地中部Mmaxが正しく抽出されない不具合を修正しました。
  5. 杭基礎:負の周面摩擦力の結果確認において「リストのインデックスが範囲を超えています」エラーが発生するケースがあり、これを修正しました。
  6. 杭基礎:計算に関係ない偶発作用-基本条件-計算条件@画面の「外周溶接鉄筋を考慮しない」の選択肢が残っている不具合を修正しました。
  7. 杭基礎:永続変動作用時のフーチング任意荷重がフーチング中心作用力に集計されない不具合を修正しました。
  8. 鋼管矢板基礎:頂版設計時の応力度の算出において、モーメントの向きが絶対値となっているため上側引張時の応力度計算の不具合を修正しました。
  9. 図面:帯鉄筋の配筋ピッチ数を変更し図面作成部を再起動した際に、変更した帯鉄筋ピッチ数が元に戻る点を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.02 '19.09.12 ■要望対応
  1. 杭基礎:鉄筋かご無溶接工法の入力上限値(吊り荷重、固定金具変形荷重U)を拡張しました。
  2. 杭基礎:基礎工調書(杭基礎)その4において、khF≦khyFのためOKとなった場合に照査方法に2(応答塑性率による照査),基礎の応答塑性率の欄にkhF≦khyFと記載するようにしました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:計算書一覧の杭頭接合部結果において、疲労結果の出力ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:杭体(永続変動作用)結果画面表示でアドレス違反エラーが発生するケースがあり、これを修正しました。
  3. 杭基礎:調表出力の比較表で変位制限の出力ミスのケースがあり、これを修正しました。
  4. 杭基礎:フーチング(永続/変動作用)の曲げ照査で制限値に対する厳しい結果が出力されないケースがあり、これを修正しました。
  5. 杭基礎:柱基部断面力(両方向)時の偶発作用時(基本条件(杭基礎))の作用力計算時にWF’及びWsの不具合を修正しました。
  6. 杭基礎:2.5次元解析の杭突出部水平荷重(地震時慣性力)を考慮した場合、杭先端部の曲げモーメントが異常に大きくなる不具合を修正しました。
  7. 鋼管矢板基礎:頂版部材設計の計算書において曲げモーメントの出力ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.03 '19.10.29 ■変更内容
【ライセンス認証】
  1. 2019年10月のWindows Update 月例パッチ適用後、通信エラーが発生しWeb認証が出来ない場合がある不具合を修正しました。

■要望対応
  1. 杭基礎:断面変化の自動決定機能における正誤表(H29道示W P.564 表-参9.1更新)に対応しました。
  2. 杭基礎:永続変動作用の計算及び入力画面表示時のメモリ関連の改善を行いました。
  3. 杭基礎:PHC杭の杭体情報を「入力データの出力−設計データ」及び設計計算書(杭タイプ=1の時)に出力するように改善しました。
  4. 杭基礎:偶発作用 押込力の上限値の計算書の表記を改善しました。
  5. 杭基礎:鉄筋かご無溶接工法の結果において、補強材の曲げ応力度算定に使用する断面係数Zを追加しました。
  6. 杭基礎:PHC杭のせん断スパンの算出において、スパイラル鉄筋:配置区間範囲を考慮するように改善しました。
  7. 直接基礎:基礎ばね計算書を改善(IBの表示桁数)しました。
  8. ケーソン・連壁基礎:側面水平方向せん断地盤反力係数KSHDを0.6KHDで算出するように仕様を変更しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:調表出力 基礎工調書(その4)でせん断耐力Sucdの結果が0で出力される不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:偶発作用時(レベル2地震時)の橋台土圧KEA算出用 khの出力ミスの不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:地層傾斜時に杭頭接合部に杭指定ボタンが表示されない不具合を修正しました。
  4. 杭基礎:下部工基礎連動時の2.5次元解析、斜杭ありのケースで連動が中断される不具合を修正しました。
  5. 杭基礎:版せん断照査(杭中心位置が照査断面上にある場合)のスイッチが保存されない不具合を修正しました。
  6. 直接基礎:フーチング照査に材質(降伏強度、横拘束筋、せん断補強鉄筋)345以外が反映されない不具合を修正しました。
  7. 直接基礎:作用力自動計算で土砂重量慣性力を考慮する場合に地震時の荷重集計の不具合を修正しました。
  8. 直接基礎:フーチング(偶発作用)照査にせん断補強鉄筋の降伏点が反映されていない不具合を修正しました。
  9. 杭基礎:杭体任意荷重を考慮し、断面変化位置の自動決定機能を使った場合、計算書のモーメント図(永続変動作用−断面変化位置用)が正しく出力されていない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.04 '19.12.18 ■要望対応
  1. 杭基礎:フーチング前面抵抗(L2)の連動ボタン機能を追加しました。
  2. 杭基礎:場所打ち杭の鉄筋材質情報を計算書の断面計算の項に出力するようにしました。
  3. 杭基礎:SC杭「軸力及び曲げモーメントに対する限界状態1および限界状態3」の計算書結果の表を改善しました。
  4. 杭基礎、鋼管矢板基礎:ウェブコンクリート圧壊の計算書記号を改善しました。
  5. 鋼管矢板基礎:押込力/引抜力の周面摩擦力の表の層厚を小数点以下3桁まで出力するように改善しました。
  6. 共通:基準値の荷重ケース画面に荷重タイプ[D+CO]を追加しました。
  7. 杭基礎:下部工基礎連動時は、作用力画面の「※部分係数考慮「後」の数値を設定してください」のコメントは非表示に変更しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:柱基部断面力(両方向)のときの作用力自動ボタン押下時、浮力有ケースで柱の浮力Upを足している不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:永続変動作用時の杭体照査において、スパイラル鉄筋を考慮する断面範囲外のせん断スパンの算出ミスを修正しました。
  3. 杭基礎:2.5次元、作用力自動計算、液状化無視考慮一括の場合、計算書の予備計算作用力の荷重ケースがずれて表示される不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.05 '20.02.05 ■要望対応
  1. 杭基礎:2.5次元解析の基礎ばね(EQ無し)の連動制御処理を改善しました。
  2. 杭基礎:偶発作用(計算書)の荷重変位曲線のせん断の項を削除するように変更しました。
  3. 杭基礎:場所打ち杭のせん断力に対する限界状態3において、Sc算出におけるMd(部材断面に作用する曲げモーメント)はせん断照査位置の曲げモーメントのMydを用いるように改善しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:永続変動作用の安定計算書において、杭径・杭長変化を考慮する場合の結果抽出ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:断面変化位置自動決定において、全杭同一タイプでない場合に変化位置決定ケースが正しくセットされない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:2.5次元解析時の液状化影響(無視/考慮)を考慮すると予備計算書の作用力一覧の荷重値がずれて出力される不具合を修正しました。
  4. 杭基礎:鉄筋かご無溶接工法 q2出力単位ミスの不具合を修正しました。
  5. ケーソン基礎:永続変動作用時の安定計算において、結果表示エラーが発生するケースがあり、これを修正しました。
  6. 鋼管矢板基礎:敷砂厚変更時の部材分割の初期化漏れの不具合を修正しました。
  7. 図面:鋼管ソイルセメント杭の杭長が入力された杭長と異なる場合がある点を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.06 '20.03.18 ■要望対応
  1. 杭基礎:出力項目の選択画面の偶発スイッチ制御を改善しました。
  2. 杭基礎:計算書の杭配置図がスタイル設定(フォント−表1)に依存しないように改善しました。
  3. 杭基礎:フーチングせん断照査(版)の計算書内容(Aw→Aw・n)を改善しました。
  4. 杭基礎:杭種変更時は「杭体データ」を未入力状態になるように改善しました。
  5. 杭基礎:偶発作用時のPHC杭せん断記号と名称の表現を改善しました。
  6. ケーソン基礎:頂版部材照査(完成時)の耐久性能照査から腐食結果を省略するようにしました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:偶発時の作用力直接指定(柱基部断面力がX方向のみ)フーチング照査において、フーチング下面からの水位高の取得誤りを修正しました。
  2. 杭基礎:設計調書「基礎工設計調書(その3)」帯鉄筋ピッチ出力ミスのケースがあり、これを修正しました。
  3. 杭基礎:設計調書「杭基礎レベル2地震時照査結果表(1データ)」の書式ミスを修正しました。
  4. ケーソン基礎:側壁水平方向結果確認画面の危険時ケースτ及びτmの出力ミスと判定ミスを修正しました。
  5. ケーソン基礎:設計地盤面がEQ有り無しで異なる場合、基礎ばねαEoの出力ミスのケースがあり、これを修正しました。
  6. ケーソン基礎:作業室天井スラブ画面の「施工時及び永続/変動作用−完成時−せん断照査」でエラーが発生するケースがあり、これを修正しました。
  7. 杭基礎:設計調書「基礎工設計調書(フーチング)」の最小鉄筋量照査の項目に結果が出力されない不具合を修正しました。
  8. 杭基礎:設計調書のフーチングの配筋情報を配置入力とすると偶発作用時の鉄筋径がD0となる不具合を修正しました。
  9. 直接基礎:計算書一覧の最小鉄筋量及び最大鉄筋量の結果がでないケースがあり、これを修正しました。
  10. 杭基礎:PHC杭の断面変化位置の自動計算を行うと計算が長時間終了しない状態のケースがあり、これを修正しました。
  11. 直接基礎:計算書作成において、フーチング(永続変動作用)の断面力の任意荷重表作成ミスの不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.07 '20.05.18 ■要望対応
  1. 設計調書:橋台基礎時のフーチングの前趾及び後趾の照査結果を表示するようにしました。
  2. 基準値:コンクリート材質のヤング係数の下限値を変更しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:SC+PHC杭の第3断面の鋼材情報が計算書及び入力データ出力に出力されない不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:2.5次元解析の杭体負曲げ断面力の抽出ミスのケースがあり、これを修正しました。
  3. 杭基礎:永続変動時のフーチング照査結果が計算書一覧に正しく出力されない不具合を修正しました。
  4. 鋼管矢板基礎:計算書の内周面の摩擦力記号の誤りを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
2.00.08 '20.06.26 ■要望対応
  1. 設計調書:地層傾斜、杭長杭径変化で2次元解析を選択した場合の出力に対応しました。
  2. 杭基礎:杭体(永続変動作用)画面の断面変化位置タブにおいて、HTML出力を行う場合の出力桁調整及び1.2Lm出力に対応しました。
  3. 杭基礎:橋台基礎における計算書「偶発作用−設計条件−7.作用力」で塑性率の制限値を出力しないようにしました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:2.5次元解析時、計算書詳細の水平方向地盤反力係数の層厚内「EQ有り」及び計算書一覧の安定計算作用力の表記漏れを修正しました。
  2. 杭基礎:作用力自動計算の上載土砂を考慮するケースで上載土砂慣性力算定の鉛直力に1.05が考慮されない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:永続変動時の液状化影響(無視/考慮)を考慮すると予備計算書の作用力の荷重値がずれて出力される不具合を修正しました。
  4. ケーソン・連壁基礎:予備計算の側面水平方向せん断地盤反力係数KSHDを0.6KHDで算出している不具合を修正しました。※本版からKSHDを0.6KHDではなく0.3KHDの算出方法に変更しました。なお、KSHD=0.6KHDで算出しているバージョンはVer.3.0.3〜Ver.3.0.7が該当します。
  5. 杭基礎:偶発作用のフーチング任意荷重の計算ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バージョン及び改良点|Ver.2.0.0〜]
3.00.00 '20.10.06 ■変更内容
  1. 杭基礎:斜面の傾斜を考慮した地盤ばね低減の安定計算に対応しました。
  2. 杭基礎:偶発作用時のせん断耐力算定を拡張しました。
  3. 杭基礎,直接基礎:鉄筋材質SD295に対応しました。
  4. 杭基礎:PHC杭のせん断スパン取扱いを拡張しました。
  5. 杭基礎,直接基礎:フーチングの使用部材取扱いで気中部材に対応しました。
  6. 杭基礎:下部工−基礎の計算書統合機能に対応しました。
    本機能は下記製品バージョン以降が必要となります。
    ・「UC-1 Engineer's Suite 橋脚の設計・3D 配筋(部分係数法・H29 道示対応) Ver.3」
    ・「UC-1 Engineer's Suite 橋台の設計・3D 配筋(部分係数法・H29 道示対応) Ver.3」
  7. 3Dアトリビュート(全基礎)/3Dアノテーション(鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎)に対応しました。
  8. 杭基礎:鋼管杭のサンプルデータ(Pile_7.PFJ)/斜面傾斜のサンプル(Pile_8.PFJ)を追加しました。
  9. 杭基礎:計算書一覧表の章番号表示に対応しました。
  10. 杭基礎:結果総括(永続変動作用時)画面の杭体照査結果出力に対応しました。
  11. 直接基礎:ラーメン橋における転倒照査の計算省略に対応しました。
  12. 杭基礎:偶発作用時作用力指定時の設計条件の出力内容を改善しました。
  13. 杭基礎:SC杭のヤング係数比の初期値を改善しました。
  14. 共通:結果確認において、画面情報をクリップボードにコピーできるようにしました。
  15. 杭基礎:計算書の偶発作用設計条件には鉛直計算用水位を出力するように改善しました。

■不具合対応
  1. 直接基礎:計算書−結果一覧(偶発作用時)の出力ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:偶発作用の基本条件(橋台)画面で「セル属性とセットする変数形が違います」エラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  3. 杭基礎:杭体任意荷重で荷重種類をEQにした場合、EQの荷重係数が正しく考慮されない不具合を修正しました。
  4. 杭基礎:PHC杭の部材照査(せん断限界状態1)の判定がメイン画面判定に反映されていない不具合を修正しました。
  5. 鋼管矢板基礎:永続変動作用時の部材照査において、作用力が逆向き(負値)の場合の応力度算出ミスを修正しました。
  6. 鋼管矢板基礎:「計算書」−「本体計算」−「詳細出力」−「側面矢板反力」で出力している式の誤りを修正しました。
  7. 図面:杭頭詳細図における杭頭定着長が正しく生成されない不具合を修正しました。
  8. 杭基礎:柱基部断面力(Y方向のみ)の偶発作用計算書の設計条件(Khp,khg等)で出力ミスのケースがあり、これを修正しました。
  9. 直接基礎:2柱式橋脚フーチング照査(永続変動作用時)のX方向結果に不要な結果が表示される不具合を修正しました。
  10. 杭基礎:SC杭で断面変化位置の自動決定で計算した場合、変化位置が求まらない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.3.0.0〜]
3.00.01 '20.10.27 ■要望対応
  1. 図面:場所打ちコンクリート杭の鉄筋かご無溶接工法に対応しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:偶発作用時のせん断照査を[杭体のせん断力≦杭体のせん断耐力]で行うとき、地中部が一番厳しくなるケースがあるとエラーが発生する不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:永続変動時の安定計算(2.5次元解析)において、杭体任意荷重で荷重種類をEQにした場合、EQの荷重係数が正しく考慮されない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:下部工基礎連動時のフーチング鉄筋の降伏強度の表示に誤りがあるケースがあり、この不具合を修正しました。
  4. 直接基礎:永続変動作用のフーチング照査において、過載荷重を考慮する場合、断面力の過載荷重表の数値が表からはみ出る不具合を修正しました。
  5. 杭基礎:永続変動作用のフーチング照査(橋台基礎)において、土圧鉛直力算出時の奥行幅を竪壁幅で計算している不具合を修正しました。
  6. 杭基礎:偶発作用時の計算書において、水位の出力ミスのケースがあり、これを修正しました。
  7. 杭基礎:斜面傾斜の安定計算(永続変動時)において、荷重タイプ(EQ)の液状化考慮時ケースでエラーが発生する不具合を修正しました。
  8. ケーソン基礎:側壁鉛直方向(X方向)の曲げ制限値の算出において、主鉄筋の降伏強度を用いず、せん断補強筋の降伏強度を用いて計算している不具合を修正しました。
  9. 杭基礎:偶発作用時の杭体せん断耐力照査が 詳細計算書−計算結果一覧表に正しく表示されない不具合を修正しました。
  10. ケーソン基礎:荷重ケース1.0(D+L)に関連する安定計算(永続変動時)の不具合、及び設計条件−地盤反力係数−偶発作用 計算書出力ミスを修正しました。
  11. ケーソン基礎:側壁水平方向のせん断(耐久性能)照査のせん断Sの計算書出力ミスを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.3.0.0〜]
3.01.01 '21.01.13 ■要望対応
  1. 杭基礎:押込力及び引抜力の有効重量の初期値を「考慮」に変更しました。
  2. 杭基礎:永続変動作用時の杭部材照査において、鋼管系のせん断照査のタイトル表記を改善しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:地層傾斜における永続変動作用時(変位制限の照査)の計算書において、引抜き(PNmin)の抽出ミスを修正しました。
  2. 杭基礎:「出力項目の設定」画面確定後の偶発関連出力フラグ制御ミスを修正しました。
  3. 杭基礎:結果確認画面のフーチング照査(偶発作用)X方向の限界状態3において、制限値ではなく特性値の数値を表示している不具合を修正しました。
  4. 杭基礎:設計調書において、杭基礎時の調書4のせん断耐力の値に降伏時結果が出力されている不具合を修正しました。
  5. 杭基礎:偶発作用時のフーチング下面作用力(X方向のみ)の場合に不要な柱下端作用力チェックを行っている不具合を修正しました。
  6. 杭基礎:PHC杭のせん断スパンが正しく算出できない場合があり、これを修正しました。
  7. 杭基礎:鋼管ソイルセメント杭における断面変化位置の自動計算で決定した第2断面の曲げモーメントに対する杭体照査がOKにならない場合があり、これを修正しました。
  8. 杭基礎:杭長を長くするとモジュール違反が発生する場合があり、これを修正しました。
  9. 鋼管矢板基礎:計算書の頂版L2曲げ判定ミスを修正しました。
  10. ケーソン基礎:作業室天井スラブの部材照査完成時(曲げ/せん断)画面でエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  11. ケーソン基礎:ケース数が10ケース以上となる場合の脚柱下端作用力の表制御ミスを修正しました。

■ヘルプ

  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.3.0.0〜]
4.00.00 '21.02.02 ※本バージョンは、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.5.0.0」と同等の機能を有しています。

■改訂内容要約
  1. 杭基礎設計便覧(令和2年9月)対応
  2. ハイスペックマイクロパイル対応

■変更内容
  1. 杭基礎:杭基礎設計便覧(令和2年9月)に対応しました。
     ・杭頭結合部の押抜きせん断照査
     ・杭頭結合部のカットオフ照査
     ・群杭としての軸方向押込み力検討
     ・安定計算の腐食代の取扱い拡張
     ・プレボーリング工法 押込み支持力の周面摩擦力の控除範囲拡張
     ・偶発作用時 主たる塑性化が生じる部材判定拡張
    ・杭頭接合部の仮想鉄筋コンクリート断面(耐荷性能の照査)の降伏曲げモーメントの特性値Myc拡張
  2. 杭基礎:ハイスペックマイクロパイルに対応しました。
  3. 杭基礎:PHC杭の杭体画面⇔杭本体画面の連動ボタンの機能を拡張しました。
  4. 杭基礎:永続変動作用時の杭タイプが複数時の場所打ち杭帯鉄筋の計算書に対応しました。
  5. 杭基礎:断面変化位置の出力に1.2lmFを表示するように拡張しました。
  6. 杭基礎:場所打ち杭 降伏曲げモーメントの特性値Mycエラー対応を改善しました。
  7. 杭基礎:レベル2地震時基本条件(橋台)の液状化に関する説明を改善しました。
  8. 杭基礎:応答値と制限値の比率表示に対応しました。
  9. 直接基礎:根入れ部の作用分担の計算書出力に対応ました。
  10. ケーソン基礎:側壁水平方向のせん断(耐久性能)照査の出力項目を追加しました。
  11. ケーソン基礎:kv算出時のフリクションカッタ幅を考慮できるように拡張しました。
  12. 共通:データファイル名、タイトル等のチェックボタン設定もデータとして保存するようにしました。
  13. 共通:動的変形係数EDの最大入力範囲桁を拡張しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:永続変動作用時の安定計算において、水平変位に応じた補正を行う対象荷重ケースに漏れがあり、これを修正しました。
  2. ケーソン基礎:計算書 予備計算(偶発作用時)の地盤反力係数の出力ミスの場合があり、これを修正しました。

■ヘルプ
  1. 概要
    ・バー ジョン及び改良点−Ver.4.0.0〜
    ・プログラム機能概要−適用基準および参考文献
  2. 操作方法
    ・メニューの操作−入力−杭基礎−計算条件
    ・メニューの操作−入力−杭基礎−杭配置
    ・メニューの操作−入力−杭基礎−杭頭結合部
    ・メニューの操作−入力−杭基礎−偶発作用−基本条件(橋脚/橋台)
    ・メニューの操作−入力−杭基礎−偶発作用−杭本体
    ・メニューの操作−入力−杭基礎−計算・結果確認−杭頭接合部
  3. 計算理論及び照査の方法
    ・杭基礎−安定計算−地盤反力係数,杭の軸方向ばね定数
    ・杭基礎−ねじ継手照査
    ・杭基礎−レベル2地震時照査−全体の流れ
    ・杭基礎−レベル2地震時照査−基礎の非線形性を考慮した解析方法−フーチング照査
4.00.01 '21.02.22 ※本バージョンは、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.5.0.1」と同等の機能を有しています。

■要望対応
  1. 杭基礎:杭頭接合のPHC杭カットオフを考慮する場合、偶発作用時における応答塑性率制限値の取扱いを改善しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:偶発作用時のせん断照査を「杭体せん断力≦杭体せん断耐力」で行ったときに、第2区間以降の杭体せん断耐力の出力が正しくない場合がある不具合を修正しました。
  2. 杭基礎:偶発作用時が2.5次元解析の場合に偶発作用結果を出力すると、エラー「杭基礎L2データ取得に失敗 col=[1],row=[1]」で該当計算書が出力できない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:下部工連動データを読み込み時に、地盤面の標高が正しく設定されない不具合を修正しました。
    ※Ver.4.0.0のみで発生するため、Ver.4.0.1に更新後「地層」−「地層線」−「設計地盤面」画面の地盤面(EQ無し/有り)を再度ご確認ください。
  4. 杭基礎:場所打ち杭のL2せん断耐力照査において、杭体せん断照査(杭列ごと反力)のときの引抜側のせん断耐力Susdが正しくない不具合を修正しました。
  5. 杭基礎:杭の押抜きせん断照査における結果一覧出力(計算書)の判定ミスと詳細出力の記号ミスの不具合を修正しました。
  6. 杭基礎:計算書の出力方向の順番がX→Yとなっていると、群杭としての押込み力による照査の出力中の鉛直力PNmaxが0と表示されるのを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.4.0.0〜]
4.00.02 '21.04.12 ※本バージョンは、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.5.0.2」と同等の機能を有しています。

■要望対応
  1. 杭基礎:レベル2基本条件で柱下端の作用力指定時の初期作用力を小数点以下3桁で丸めるように改善しました。
  2. 杭基礎:調表出力において、橋台フーチング出力(照査方向及び前趾後趾の結果を別々)を改善しました。
  3. 杭基礎:下部工基礎連動時において「フーチング形状画面」の確定・適用ボタン無効の制御を追加しました。

■不具合対応
  1. 杭基礎:永続変動作用 2.5次元解析 杭体照査において第3断面の負曲げのモーメント抽出ミスのケースがあり、これを修正しました。
  2. 杭基礎:永続変動作用のフーチング柱間照査結果が計算書一覧に出力されない不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:偶発作用時における場所打ち杭のウェブコンクリート圧壊で、せん断耐力特性値と単位の出力ミスを修正しました。
  4. 杭基礎:橋台の永続変動作用フーチング計算書出力において、出力方向を変更すると設計条件に表示される前趾後趾の鉄筋情報が入れ替わる不具合を修正しました。
  5. 鋼管矢板基礎:部材照査(頂板)の荷重ケース名称の計算書出力に誤りがあるケースがあり、これを修正しました。
  6. 鋼管矢板基礎:レベル2地震時の頂板部材曲げ結果の確認画面において判定色のミスを修正しました。
  7. 液状化の判定:完成時盛土のデータにおいて20(m)までを結果出力の対象としていると、20(m)以深の不要なN値データが出力され、層ごとのFL値が正しくない場合があるのを修正しました。
  8. 杭基礎:杭頭カットオフ区間の照査時のスパイラル鉄筋の断面積Ahが、杭頭カットオフの照査画面の指定値ではなく、杭体画面のAhを参照している不具合を修正しました。
  9. 杭基礎:複数の杭タイプで各杭タイプごとに場所打ち杭の帯鉄筋が異なる場合の計算書出力ミスを修正しました。
  10. 図面:鉄筋かご無溶接工法のスペーササイズが不正で、図面が生成できないケースがあり、これを修正しました。
  11. 鋼管矢板,ケーソン,連壁基礎:頂版せん断鉄筋本数の算出方法が「方法2」の場合の本数計算に誤りがあり、これを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.4.0.0〜]
4.01.00 '21.06.07 ■要望対応
  1. 杭基礎:偶発作用時の安定計算(橋脚)を拡張しました。
  2. 杭基礎:固有周期用Kv算定における杭先端の鉛直方向地盤反力係数の取り扱いスイッチを改善しました。
  3. 杭基礎:水平地盤反力度の上限値に関する杭間隔÷杭径の算定を改善しました。
  4. 共通:ファイルのプロパティからファイルを開くプログラムの選択をするときバージョン表記を改善しました。
  5. 杭基礎:下部工基礎連動時の周面摩擦力(地層画面)算定における施工工法の選択初期値を改善しました。
  6. 杭基礎:偶発作用の出力制御フラグを改善しました。
  7. 杭基礎、直接基礎:調表出力制御ファイル等の設定を改善しました。
  8. 杭基礎:PHC杭及びSC杭以外の杭種の場合、プレボーリング杭工法時の警告メッセージ内容を改善しました。
  9. 直接基礎:地盤の種類の違いを考慮する係数の取扱いは、支持地盤の種類から判別するように計算を改善しました。
  10. 杭基礎:鉄筋かご無溶接工法における主鉄筋かぶりの表記及び入力桁(小数点以下1桁)を調整しました。
  11. 杭基礎:下部工連動間の基礎側で未対応の段差フーチングの制御を改善しました。

■不具合対応
  1. 液状化の判定:計算書出力時に書式エラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  2. ケーソン基礎:作業室耐久性能照査(せん断照査(疲労))の制限値、側壁水平方向せん断照査(耐久性能)の計算書出力のミスを修正しました。
  3. 杭基礎:R2杭基礎設計便覧時の腐食しろを差し引かない剛性I(永続変動時)が鋼管系杭の偶発作用時M―φ(曲率)に影響していた不具合を修正しました。
  4. 杭基礎:橋軸直角方向の慣性力の向きが負方向となる場合、せん断版照査において座標判定ミスがあり、版照査無しとなる不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.4.0.0〜]
4.01.01 '21.08.04 ■要望対応
  1. 図面:鉄筋かご無溶接工法の図面作成に対応しました。(L型)
  2. ケーソン基礎:小判形のサンプル(Caisson_2.PFJ)を追加しました。
  3. ケーソン基礎,鋼管矢板基礎,地中連続壁基礎:地層/設計地盤面/水位等の3D表示を改善しました。
  4. 杭基礎:杭基礎形式のサンプルにおいて、偶発作用の分割数の設定を1000に変更しました。

■不具合対応
  1. 鋼管矢板基礎:頂版部材設計時の頂版重量(V1)及び上載土重量(V2)の出力ミスを修正しました。
  2. ケーソン基礎:作業室天井スラブ(完成後)の耐久性能照査において、荷重タイプDも計算対象としていた不具合を修正しました。
  3. 杭基礎:場所打ち杭の部材照査(永続変動)において、せん断補強筋に生じる応力度の算出ミスを修正しました。
  4. 杭基礎:マイクロパイル(ハイスペックマイクロパイル工法)のねじ継手照査(計算書)において、ねじ継手名称が正しく表示されない不具合を修正しました。
  5. 杭基礎:偶発作用時の下記条件の場合、khN設定が計算に反映されない不具合を修正しました。
    ・単独設計時
    ・橋脚に主たる塑性化が生じるとき基礎に主たる塑性化を考慮しないをチェック
    ・主たる塑性化が生じる部材の判定でkhNを選択
  6. 鋼管矢板基礎:永続変動時のV2(中詰めコンクリート)の作用力算定の誤りを修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.4.0.0〜]
4.02.00 '21.10.06 ※本バージョンは、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.5.2.0」と同等の機能を有しています。

■要望対応
  1. ケーソン基礎:橋脚−ケーソン基礎の連動に対応しました。「UC-1 Engineer's Suite橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)Ver.4」との連動が可能です。
  2. 杭基礎:液状化の影響を考慮するケースとして、「D+TH+EQ、D+EQ」または「D+EQのみ」の選択を可能としました。
  3. 杭基礎:2.5次元解析のときに、基礎ばね(EQ無し、EQ有り)の出力を可能としました。
  4. 共通:入力設定の「地盤の変形係数の推定方法」の表記を道示Wと同じになるように改善しました。

■不具合対策
  1. 杭基礎:「偶発作用」−「地盤データ」画面で設定する杭間隔÷杭径の初期値漏れのケースがあり、これを修正しました。
  2. 杭基礎:第2断面以降の変化位置(小数点3桁)を指定した場合、杭体照査のモーメントMの断面力抽出ミスがあり、これを修正しました。
  3. 杭基礎:PHC杭のカットオフを考慮する場合に、計算書「偶発作用−予備計算−M-φ」の区間ごとの有効プレストレスに表記ミスがある場合があり、これを修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点|Ver.4.0.0〜

2.操作方法
  • メニューの操作−入力−杭基礎−計算条件
  • UC-1連動−UC-1製品との連動
4.02.01 '21.11.04 ■要望対応
  1. 杭基礎:回転杭のサンプルを追加しました。
  2. 杭基礎:斜面傾斜のばね低減を行う場合において、杭長を変更したとき「斜面形状」画面を未入力となるように制御を改善しました。
  3. 杭基礎:杭長と地層の関係でエラーとなるケースのエラーメッセージ内容を改善しました。
  4. 杭基礎:下部工基礎連動時のフーチングσck変更時に、基礎側の「杭頭接合部」画面を未入力となるように制御を改善しました。
  5. 杭基礎:低減しない(全てDE=1.0)の場合も含め、設計条件に変動作用時の低減係数DEを出力するように変更しました。
  6. 杭基礎:設計地盤面(EQ無し)(EQ有り)のヘルプ説明を改善しました。
  7. 杭基礎:場所打ち杭の断面変化位置自動計算における決定方法条件の初期値を変更しました。

■不具合対応
  1. ケーソン基礎:最大地盤反力の抽出対象=前面地盤反力のみとしている場合の最大地盤反力抽出ミスがあり、これを修正しました。
  2. ケーソン基礎:単独設計時のケーソン基礎で形状画面確定時にPileComXML.DLLのアドレス違反エラーが発生する不具合を修正しました。

■ヘルプ
  1. [概要|バー ジョン及び改良点|Ver.4.0.0〜]


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
国土交通省 国土技術政策総合研究所(国総研)
森下 えみさん
[ 新連載 ]
FORUM8 RALLY JAPAN
記念連載

ピルビスワーク実践講座







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
車いすシミュレータ
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.8
Engineer's Studio® Section Ver.2
UC-1 Engineer's Suite積算
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.15

キャンペーン実施中
新規ユーザ様ご紹介キャンペーン
パックン出演!CM放送連動スイートシリーズ半額キャンペーン

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/09  EXODUS・SMARTFIRE
   体験
12/10  建築基礎、地下車庫の
   設計体験
12/14  弾塑性地盤解析
12/16  2D・3D 浸透流解析体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション