Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

SUPPORT TOPICS 震度算出(支承設計)のなぜ? 解決フォーラム 保守・サポートサービス関連情報

下部工プロダクトと連動して、下部構造の耐震設計を行うにはどうすればよいか?

↓

●下部工プロダクトとの連動イメージ
 下部構造の耐震設計を静的照査法により行うには、構造物の固有周期から決まる水平設計震度と下部構造が支持している上部構造部分の重量を知る必要があり、「震度算出(支承設計)」では、静的フレーム法によりその水平設計震度と分担重量を求めています。また、固有周期を算出するために必要な「剛性モデル、基礎バネ、塑性率」は、「RC下部工橋脚の設計橋台の設計」といった「下部工プロダクト」より得られます。本機能は、それらの製品間のデータ連携を橋梁プロジェクトデータファイル「*.F8W」を介して行うもので、下部構造の照査などの耐震設計が効率良く行えます。

▲下部工プロダクト連動イメージ

●下部工プロダクトとの連動手順
1)下部工データの作成:下部工プロダクトを起動して、通常通り下部工データの作成(入力・修正)を行い、そのデータを橋梁プロジェクトデータファイル「*.F8W」へ保存します。


2)橋梁データの作成:「震度算出」にて橋梁プロジェクトデータファイル「*.F8W」を開き、下部工を配置した後、計算を実行します。なお、下部工プロダクトのデータは、「震度算出」では編集することができません。
3)下部工データの検証と修正:下部工プロダクトにて橋梁プロジェクトデータファイル「*.F8W」を読み込んで震度算出の設定や計算結果を取り込み、照査結果を検証します。なお、「震度算出」と「下部工プロダクト」双方でデータの比較表を出力できますので、整合性の取れた正しい状態での計算であるか、またその結果は安全性を満足しているか等が確認できます。

●下部工プロダクトとの連動時の注意事項
 「震度算出」の橋梁プロジェクトデータファイルは複数プロダクトで使用されます。そのため、下部工プロダクトのいずれかの製品で編集を行った場合は「計算実行」した後プロジェクトデータファイルを更新し、そのファイルを読み込み直して最新の状態を保つ必要がありますのでご注意ください。

●下部工プロダクトとの連動時の特記事項
 下部工プロダクトとの連動時には、下部工の諸条件と基礎条件も連動します。但し、震度算出の解析に必要なデータのみを剛性モデルとして生成し、連動しています。なお、下部工プロダクトが基礎製品と連動している場合、固有周期算定用の基礎バネ値は、基礎製品で算定された値となります。橋台との連動時には、地盤の設計水平震度が自動で取り込まれます。また、橋脚との連動時には、塑性化の判定なども反映されます。その他、「震度算出」の保持しているデータは、「UC-win/FRAME(3D)」のf3dファイルへエクスポートされ、動的解析にも使用できます。



  
前ページ    インデックス 次ページ

(Up&Coming '08 新春特別号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三菱地所パークス株式会社
[ お知らせ ]
Up&Coming129号デジタルブック版公開中







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
開水路の設計・3D配筋 Ver.6
UC-1 Cloud 自動設計 BOXカルバート Ver.2
建築杭基礎の設計計算 Ver.6
管網の設計・CAD Ver.2
スイート千鳥エンジン

キャンペーン実施中
【テレワーク支援 第3弾】
シミュレーションサービスディスカウント
【テレワーク支援 第2弾】
クラウド製品ディスカウント
【テレワーク支援 第1弾】
フローティングオプションディスカウント
トレードアップ
同時購入
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ 擁壁リリース
スイートデータ消去リリース
SNS いいね!
地方創生・国土強靭化FORUM8セミナーフェア開催

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
6/2  スイート建設会計体験
6/3  Shade3D-VR活用体験
6/5  ボックスカルバートの
  設計・3D配筋
6/9  配水池・揚排水機場の設計

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション