Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

土木設計用プログラムシリーズ
SI単位対応
調表出力ライブラリ対応

仮設構台の設計計算
 プログラム価格:\200,000.-
(税別価格表示)
Windows98/Me/NT/2000/XP対応
「構台」「路面覆工」及び「仮桟橋」の設計計算プログラム
PDFダウンロード kasetuhelp.exe
(936KB)
kasetu-gui.exe
(PDF圧縮1,140KB)
(計 3,869KB) 製品購入申込
プログラムの概要
「構台」の設計を行なう場合は、建築学会の基準に、「路面覆工」「仮桟橋」の設計を行なう場合は、土木の各規準に準拠して設計計算を行ないます。トラック荷重、トラッククレーン荷重、クローラ荷重は、一般に多く使用される機種については、プログラム内部の基準値を使用する他、荷重の登録により、任意の機種についての検討が可能です。
設計項目として、
(1) 覆工板の設計
(2) 部材の設計
[根太(覆工受桁)の設計、大引(はり)の設計、支柱の設計、杭の支持力、水平つなぎ材の設計、垂直・水平ブレースの設計、接合部の設計]
が行えます。
プログラムの機能と特長
(1) 仮設構台の設計計算のほとんど全てをカバーしています。
(2) 建築・土木の両分野の規準に対応しています。
(3) 各部材の応力が最大となる載荷状態を、プログラムで計算します。
(4) 各部材の使用材料の自動決定機能があるので、入力後すみやかに設計を行なうことが出来ます。
また、自動決定の結果を参考に、各部材毎に再計算することが可能で、用いたい使用材料を指定する事も可能です。
(5) 設計に用いる載荷荷重及び各部材の使用材料については、一般に多く使用されるものについては、プログラム内部に値を設定してあり、変更が可能です。
また、ユーザーがこれらの値を登録する事も可能です。
(6) 覆工板は、2m及び3mについて計算します。それぞれの支間の覆工板について、載荷荷重を考慮するか、考慮しないかを指定する事が出来ます。
(7) 根太(覆工受桁)、大引(はり)の設計では、トラック、クローラクレーン作業時、トラッククレーンの荷重の載荷制限範囲を指定する事が出来ます。
(8) 各部材について断面が決定される、載荷荷重の種類及び載荷状態をプログラム内部で自動決定し、その載荷状態の計算結果を説明図入りで出力します。
ある載荷荷重に着目したい場合は、他の載荷荷重について載荷無しとするか、各荷重の登録の項で分担率を指定する事により、他の載荷荷重を省略する事が出来ます。
(9) 出力は、説明図入りの計算書形式の詳細出力、検討段階での概略出力を選択する事が出来ます。
また、各部材の計算結果をまとめて、一覧表の形で出力します。
(10) 設計調書(路面覆工、仮橋工)に対応
(11) 柱状図入出力に対応
1. 構造形式
計算可能な諸元は以下の通りです。
根太(覆工受桁)間隔 :0.01m〜30.000m
根太(覆工受桁)本数 :2本〜10本、2〜30本(構台タイプU-構台幅員方向と根太(覆工受桁)方向が平行な構台)
横断方向幅員 :4.0m〜27.0m
杭本数 :2本〜20本
杭間隔 :0.5m〜35.0m(根太(覆工受桁)方向杭間隔)、0.5m〜12.0m(根太(覆工受桁)直角方向杭間隔)
構台高さ方向段数 :1段〜5段
2. 載荷荷重
(1)トラック荷重
  TT43・T25・T20・T14・生コン車(3or5立方メートル)・残土トラック
(2)クローラクレーン荷重
  D408S・P&H440S・P&H335АS・P&H325
(3)トラック(ラフター)クレーン荷重
  NK−300・NK−350・ラフタ−20t・ラフタ−25t・ラフタ−40t
上記の他、登録した荷重を使用可能。
3. 使用部材
覆工板・根太(覆工受桁)・大引(はり)・支柱(くい)・水平つなぎ材・水平ブレース・垂直ブレースについて設計計算を行ないます。
トラック(ラフター)クレーン作業時に、覆工板では強度が不足する場合、補強桁の検討が可能です。
大引(はり)についてはH鋼を使用するか、片溝形鋼を使用するか指定する事が出来ます。
またプログラムで用意されている部材以外にも、登録することが出来ます。
4. 各部材の載荷荷重の載荷状態
各部材「覆工板、根太(覆工受桁)、大引(はり)、支柱(くい) 」についての載荷荷重は、次の7通りの載荷状態が可能です。
  自動車荷重
  クローラクレーン作業時(前方吊)
  クローラクレーン作業時(側方吊)
  クローラクレーン作業時(斜方吊)
  クローラクレーン走行時
  トラッククレーン走行時
  トラッククレーン作業時
また、載荷状態の全方向「根太(覆工受桁)に平行、根太(覆工受桁)に直交」に対応しています。
参考文献
「期限付き構造物の設計・施工マニュアル・同解説」─ 乗入れ構台─  (社)日本建築学会 昭和61年12月
「鋼構造設計規準」 (社)日本建築学会 平成10年4月
「仮設構造物設計規準」 首都高速道路公団 平成2年10月
「設計要領」第二集 日本道路公団 平成10年7月
「共同溝設計指針」 (社)日本道路協会 昭和61年3月
道路橋示方書・同解説 (社)日本道路協会 平成10年7月
道路土工「仮設構造物工指針」 (社)日本道路協会 平成11年3月
画面サンプル
☆画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

▼設計条件入力画面

▼幅員・支間長入力画面

▼架構寸法データ入力

▼トラック荷重入力画面

▼トラッククレーン入力画面

▼部材計算結果一覧画面

▼設計調書出力プレビュー
出力サンプル
☆画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

▼HTML出力例(設定条件1)

▼HTML出力例(設定条件2)

▼トラック荷重

▼クレーン荷重

▼クレーン荷重

▼許容応力度

▼曲げモーメント算出

▼結果一覧表
※システム構築のご相談をお受けいたします。営業窓口までお気軽にお問い合わせください。
 
仮設工


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
国土交通省 国土技術政策総合研究所(国総研)
森下 えみさん
[ 新連載 ]
FORUM8 RALLY JAPAN
記念連載

ピルビスワーク実践講座







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 Engineer's Suite積算
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.15
震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応) Ver.5
橋台の設計・3D 配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.5
橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.5

キャンペーン実施中
UC-1 Cloud 自動設計 土留め工 リリース記念キャンペーン
橋梁長寿命化修繕計画策定支援システム Ver.5 リリース記念キャンペーン
新規ユーザ様ご紹介キャンペーン
パックン出演!CM放送連動スイートシリーズ半額キャンペーン

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  構造解析入門
10/21  UC-win/Roadによる
   VRデータ作成実務及び
   関連アプリケーションの
   活用
10/22  上水道・水道管体験
10/26  擁壁の設計・3D配筋

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション