RC特殊堤の設計計算

河川構造物に特化したコンクリート擁壁式特殊堤の2次元一体解析による
設計計算プログラム

RC特殊堤の設計計算

初版リリース:2015.11.10

¥418,000(税抜¥380,000)

プログラム概要

本製品は、「河川構造物の耐震性能照査指針・解説(平成24年2月)」に準拠した、コンクリート擁壁式特殊堤の設計計算を行うプログラムです。 竪壁部と基礎部(杭基礎、うなぎ止め矢板を含む)を全体でモデル化した一体解析により、耐震性能照査を行います。

▲メイン画面

▲解析結果

▲3D表示

関連情報

◆関連セミナー
河川シリーズ体験セミナー

プログラムの機能と特長

機能及び特長

  • 常時、レベル1地震時の線形解析、許容応力度法による断面照査に対応
  • レベル2地震時の非線形解析、曲げやせん断の耐力照査に対応
  • 解析には弊社製品『Engineer's Studio®』の計算部ソルバーを使用
  • 液状化判定、低減係数の自動計算に対応
  • M-φ要素の自動算定に対応
  • 地盤ばねの自動算定に対応
  • 杭の抵抗特性の自動算定に対応
  • 鋼矢板やH鋼材についても、M-φ要素、杭の抵抗特性の自動算定が可能

対応形状

部材 材料・種類
堤体 逆T式擁壁 鉄筋コンクリート
基礎 杭基礎 鋼管杭、RC杭、PHC杭、H鋼杭
うなぎ止め(遮水壁) 鋼矢板

検討可能な作用力

  作用力 備考
死荷重 自重
土砂重量 背面土砂のみ
地震時慣性力
土圧 主働土圧 常時:クーロン土圧
地震時:修正物部・岡部法
水圧 残留水圧
地震時動水圧 集中荷重
分布荷重(Westergaardの式)
その他 揚圧力 うなぎ止めの影響を考慮
地表面載荷荷重 常時のみ

耐震性能照査の流れ

本製品における、レベル2地震時の照査の流れを下図に示します。

▲照査フロー

検討ケース  梁要素 解析設定 照査内容 備考
常時
弾性梁要素 線形解析 許容応力度照査
レベル1地震時
弾性梁要素 線形解析 許容応力度照査 耐震性能1
レベル2地震時
M-φ要素 非線形解析 耐力・変位照査 耐震性能2、3

▲表1 検討ケースの照査内容

また、照査の内容や解析モデルは、検討ケースに応じて異なります。検討ケースごとの照査内容は表1の通りです。

構造物のフレーム解析

照査に使用する断面力は、構造物全体を一体でモデル化し、弊社製品『Engineer's Studio®』のソルバーを用いたフレーム解析により算出しています。モデル化したデータは、(*.es)ファイルでエクスポートすることができるため、より発展的な解析を行う場合に便利です。

▲フレーム解析例(Engineer's Studio®

照査内容

●壁体部

部材  常時・Lv1地震時 Lv2地震時 備考
竪壁・底版
曲げ応力度 曲げ耐力(終局に達しない)
せん断応力度 せん断耐力
変位 ※竪壁部のみ

●基礎部
うなぎ止め(鋼矢板)の照査は行っていません。

検討ケース 照査項目 鋼管 RC PHC H鋼
常時・Lv1地震時 鉄筋の圧縮応力度σcc -  ○
鉄筋の引張値応力度σct ○  -
コンクリートの圧縮応力度σsc - -
コンクリートの引張値応力度σst - - -
せん断応力度τ
せん断耐力照査(S<Ps) - ※1 ※1 -
支持力照査
Lv2地震時 曲げ耐力の照査(降伏に達しない)

※1 …断面の「スパイラル鉄筋のAw適用」を適用するとした場合に照査を行う

河川に特化した構造物の設計

既設構造物についても耐震性能照査を可能とするため、古い構造物によく見られる H鋼杭の設計に対応しています。使用するH鋼材は従来のUC-1製品と同じように自由に登録することができます。また、河川構造物に設置されることの多い、" うなぎ止め"と呼ばれる遮水壁についても、一体でのモデル化が可能です。
これらのH鋼杭、鋼矢板についても、その他の杭種と同様に、くいの抵抗特性やM-φ特性の自動計算に対応しています。

▲杭配置画面

適用基準及び参考文献


適用基準
道路橋示方書 道路橋示方書・同解説 I共通編、IV下部構造編、V耐震設計編(平成14年3月)社団法人 日本道路協会
道路橋示方書・同解説 I共通編、IV下部構造編、V耐震設計編(平成24年3月)社団法人 日本道路協会
設計基準 河川構造物の耐震性能照査指針・解説(平成24年2月)国土交通省水管理・国土保全局治水課

※2021年4月からの消費税総額表示義務化に伴い、価格表記を「税抜」から「税込」へ移行いたします。

製品価格

本体価格

価格は税込表示です

■本体価格

製品名 価格
RC特殊堤の設計計算 ¥418,000(税抜¥380,000)

■フローティングライセンス価格

本体価格の40%を追加いただくことで、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能となります。

製品名 価格
RC特殊堤の設計計算 ¥167,200(税抜¥152,000)

>>ライセンス形態についての詳細はこちら

サブスクリプションサービス 契約価格


サブスクリプションサービス 契約価格

■サポート内容
・バージョンアップ無償提供  ・電話問合せテクニカルサポート
・問合せサポート(電子メール、FAX)  ・ダウンロードサービス  ・保守情報配信サービス  

※ライセンス管理コスト削減、製品ご利用形態ニーズ多様化への対応を充実させることを目的として、従来の保守・サポート形態からより便利な、「サブスクリプションサービス」へ順次移行いたします(2016年4月1日~)。

価格は税込表示です

対象製品 初年度 1年
サブスクリプション(RC特殊堤の設計計算) 無償 ¥104,500(税抜¥95,000)
サブスクリプション(RC特殊堤の設計計算 フローティング) ¥128,744(税抜¥117,040)

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス価格


■レンタルライセンス:短期間での利用により、低廉な価格でのライセンス利用が可能

■レンタルフローティングライセンス:ライセンスの認証をWeb経由で受ければ、誰でも、どこでも、どのPCでも製品の利用が可能

■レンタルアクセス:既に購入済みの製品の利用ライセンス数を増やす事が可能です。事前契約により、レンタルライセンス期間(1ヵ月~3ヵ月)の単位で自動的にライセンスが付与されます。利用実績に応じて後日請求いたします。事前申込価格として、レンタルライセンス価格の15%引きとなります。ユーザ情報ページにてお申込みいただけます。

※サービス強化、利便性向上を図る目的で「レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス」を2007年9月3日より提供を開始しました。

※レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス開始後の期間変更は出来ません。期間延長の場合は再申込となります。

レンタルライセンス/レンタルフローティングライセンス

価格は税込表示です

■レンタルライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
RC特殊堤の設計計算 ¥146,300 ¥188,100 ¥221,540 ¥271,700

■レンタルフローティングライセンス

対象製品 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
RC特殊堤の設計計算 ¥242,440 ¥313,500 ¥372,020 ¥459,800
      

アカデミー価格


教育関係者、研究者、学生などの教育目的のご利用に向けて、アカデミーライセンスを提供しています。

アカデミー価格

価格は税込表示です

製品名 アカデミー価格
RC特殊堤の設計計算 ¥334,400(税抜¥304,000)

バージョンアップ開発履歴


バージョンアップ開発履歴

■バージョンアップ、リビジョンアップ(無償保守)の主な内容を一覧にしています。
旧版改訂、リバイバル版リリース時などの場合にご参考ください。

RC特殊堤の設計計算
バージョン リリース日 主なバージョンアップ内容
1.00.00 15/11/10
  1. 1.河川構造物の耐震性能照査指針(H24.2)に準拠したRC(コンクリート擁壁式)特殊堤の設計計算プログラム
  2. 2.レベル1・2地震動の耐震性能照査に対応
  3. 3.常時、レベル1地震時における線形解析、許容応力度法による断面照査に対応
  4. 4.レベル2地震時における非線形解析、耐力照査に対応
  5. 5.液状化判定、低減係数の自動計算に対応

動作環境


動作環境

OS Windows 8 / 10 等の32ビットWindows環境を有するOS
CPU Pentium III 800MHz以上(推奨Pentium IV 3.0GHz以上)
必要メモリ(OSも含む) 512MB以上を推奨
必要ディスク容量 約200MB以上 (インストール時及び実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度) 1024×768以上 (推奨1024×768以上)
入力データ拡張子 F5X
ファイル出力 F5X
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC

製品購入/お問い合わせ窓口


製品購入/お問い合わせ窓口

■FORUM8 オーダーページで購入

製品購入 - オーダーページ にて、バージョンアップ・新規製品・各種サービスの御見積作成・申込・決済ができます。

クレジット利用や、分割払いシステムでの購入も可能です。

ご質問は、バージョンアップセンタ(vc@forum8.co.jp)までお気軽にお問い合わせ下さい。

■ショッピングサイトで購入

下記のショッピングサイトでの購入も可能です。

Yahoo!ショッピング 詳細ページへ

楽天市場

■ お問い合わせ

全国のFORUM8営業所がサポートしています。 >> 営業窓口

購入またはホームページ全般に関するご質問は、forum8@forum8.co.jpまでお気軽にお問い合わせ下さい。

画面サンプル

▲メイン画面

▲3D表示

▲躯体入力

▲計算条件

▲解析結果

▲印刷プレビュー

1.適用範囲

製品の特長は?

本製品は、「河川構造物の耐震性能照査指針・解説(平成24年2月)」に準拠した、コンクリート擁壁式特殊堤の設計計算を行うプログラムです。竪壁部と基礎部(杭基礎、うなぎ止め矢板を含む)を全体でモデル化した一体解析により、耐震性能照査を行います。

RC特殊堤とは?

堤防は盛土により築造するのが大原則ですが、土地利用その他特別の事情により、コンクリート(一部または全部)で築造した堤防をRC特殊堤といいます。その他特殊堤として鋼矢板(鉄を板状にしたもの)で築造した堤防もあります。

主な機能は?

主な機能は以下の通りです。


  • 常時、レベル1地震時:線形解析を行い、許容応力度法による断面照査に対応
  • レベル2地震時:非線形解析を行い、曲げやせん断の耐力照査に対応
  • Engineer's Studio®』の計算部ソルバーを解析に使用
  • 液状化判定、低減係数の自動計算に対応
  • M-φ要素、地盤ばね、杭の抵抗特性の自動算定に対応
  • 鋼矢板・H鋼材:M-φ要素、杭の抵抗特性の自動算定が可能
適用基準は?

【適用基準】


  • 河川構造物の耐震性能照査指針・解説(平成24年2月) 国土交通省 水管理・国土保全局治水課
  • 道路橋示方書・同解説 Ⅰ共通編、Ⅳ下部構造編、Ⅴ耐震設計編(平成14年3月)社団法人日本道路協会
  • 道路橋示方書・同解説 Ⅰ共通編、Ⅳ下部構造編、Ⅴ耐震設計編(平成24年3月)社団法人日本道路協会

【参考文献】


  • 災害復旧工事の設計要領(平成26年) 社団法人 全国防災協会
  • 建設省河川砂防技術基準(案)同解説 設計編[Ⅰ](平成9年10月) 社団法人 日本河川協会
  • 道路土工 擁壁工指針(平成24年7月) 社団法人 日本道路協会
  • 道路土工 仮設構造物工指針(平成11年3月) 社団法人 日本道路協会
  • 杭基礎設計便覧(平成19年1月) 社団法人 日本道路協会

 >> サポートページ RC特殊堤の設計計算 Q&A集

LOADING