Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products
Mind&VR UC-win/Road for MindSet New
 脳活動を計測するMindsetユニットとVRの連携

サービス開始予定 ● 2011年 提案システム

 背景
 人間とコンピュータとが相互作用する装置では、キーボード・マウス・ジョイスティック・あるいは3Dマウスを使用するなど、入力時の機能がこれまで制限されていました。現在は、ゲームなどでジェスチャーによる入力方法が可能になってきています。任天堂 Wii やPlayStation Move、MicrosoftKinectなどでは、専用の装置を使用せずにゲームと人間との相互作用が可能です。
 こういった傾向を背景として、車あるいはロボットの操作といった高レベルのタスクを行うため、EEGベースの装置を開発しています。

 ハンドレスコントロールの研究
ハンドレスコントロールを司る装置として、NeuroSky のMindSet が挙げられます。これは脳の活動を計測する機能付きBluetooth ヘッドセットです(EEG)。
 ヘッドフォンが2つとマイクが1つ付いており(図1)、左側のヘッドフォンにある3つの電極とユーザの前頭部にある1つの電極により、脳活動の特性を示すEEG信号が記録されます。
▲図1 MindSetユニット(Neurosky)

 EEG信号の解析を行い、信号コンポーネント(アルファ波、ベータ波、ガンマ波、デルタ波、シータ波)、またメディテーション係数やアテンション係数のような2 つのパラメータを抽出することができます(図2)。これらの係数は使用者の精神状態を示します。リラックスしているときはメディテーション係数が高くなり、特定事項に注意を向けているときアテンション係数が高くなります。

▲図2 “脳波ビジュアライザー”(Neurosky)

 活用事例 : F1レース
 EEGテクノロジーの活用事例として、フォーミュラ・ワン(F1)レースが挙げられます。ゲームをさらに面白くするため、2人のプレーヤが競争できるようになっています。このため、2 つのMindSetユニットをリアルタイム(@60Hz)に読み込み(図3)、メディテーション係数とアテンション係数を抽出できるインターフェースを開発しました。

図3
2つのMindSetユニット(左右)から読み込み、
各ユニットのメディテーション係数とアテンション係数を抽出(赤と緑の階調)

 これは、米国アリゾナ州のフェニックスストリートサーキットで開催される予定であったF1レースを仮想したVRデータです(図4)。サーバとして機能したインタフェースにより、2 人のプレーヤが別々のマシンでレースを行います。
 車の加速はアテンション・パラメータで制御され、使用者が集中すると車の動きが加速する仕組みになっています。最初の実験では、ブレーキをかけるより加速する方が容易であり、前もってトレーニングを行わなければ両方の制御は難しいようです。
 フォーラムイエイトでは、脳波などの生体情報を活用した研究システムをご提案しています。

 
▲図4 フェニックスF1サーキット   ▲図5 ゲーム性もあり、展示システムとして好評 
(Up&Coming '11 新年掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3次元鋼管矢板基礎の設計計算
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
RC断面計算(部分係数法・H29
道示対応) Ver.3
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/17  バーチャルリアリティによる
  道路設計(東京)
10/23  橋梁下部工設計(H29道示)
10/24  2D・3D浸透流解析
10/25  UC-win/Road
  Advanced・VR(名古屋)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション