Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

New Products & Service 水工 

河川構造物の耐震性能照査指針に準拠した揚排水機場の設計計算プログラム

●新規価格550,000円

●リリース 2019年6月3日

 配水池・揚排水機場の設計セミナー
日時:2019年12月19日(木) 9:30〜16:30
会場 : 東京本社 品川インターシティA棟セミナールーム
※TV会議システムにて 大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・金沢・
  宮崎・岩手・沖縄 同時開催
参加費:18,000円
Webセミナー対応

はじめに

「揚排水機場の設計計算 Ver.4」では、以下の機能を追加、および機能追加2件・改善6件を併せて行いました。

  1. 『土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「水路工」』における液状化判定に対応
  2. 『河川構造物の耐震性能照査指針』における液状化判定に対応
  3. 土質定数の低減係数DEの算出に対応
  4. 『道路橋示方書・同解説 IV下部構造編』におけるせん断耐力照査に対応
  5. 独立行政法人土木研究所発行『計算事例-10』における曲げ耐力照査に対応
  6. 3Dアノテーションに対応

液状化判定に用いる基準を追加

本製品における液状化の判定は、FL法を用いております。このFL法のLを求める際、設計水平震度を算出しますが、この算出方法が基準によって異なります。そこで、液状化の判定において適用基準(設計水平震度の算出方法)を選択できるようにしました。

『水道施設耐震工法指針』では、構造物の重心位置における基準水平震度を当該書籍の表から地盤と構造物の固有周期TおよびTGを用いて導出し、地域別補正係数Czや構造物特性係数Csを乗じて算出します。『土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「水路工」』では、地盤面の設計水平震度の標準値KhgL0を当該書籍の表(表1)から地盤種別と地震動レベルを用いて導出し、地域別補正係数を乗じて算出します。


地盤種別

レベル1

レベル2タイプT

レベル2タイプU

T種地盤

0.12

0.3

0.8

U種地盤

0.15

0.35

0.7

V種地盤

0.18

0.4

0.6

表1 液状化判定に用いる地盤面の設計水平震度の標準値 KhgL0

『河川構造物の耐震性能照査指針』では、上記と同様にkhgを地盤種別と地震動レベルを用いて導出し、地域別補正係数を乗じて算出します。オレンジ色に着色した項目が、上記の土地改良事基準と異なる箇所です。


地盤種別

レベル1

レベル2タイプT

レベル2タイプU

T種地盤

0.16

0.3

0.8

U種地盤

0.2

0.35

0.7

V種地盤

0.24

0.4

0.6

表2 『河川構造物の耐震性能照査指針』における khg

土質定数の低減係数DEの算出に対応

従来プログラムでは、一度計算を実行して液状化の判定を行った後、その結果から土質定数の低減係数DEを導出して入力し、再度計算を実行する必要がありました。そのため、地盤が左右対称の場合に合計2回、左右非対称の場合に合計3回の計算実行が必要でした。

Ver.4では、既に入力されている情報から計算実行前に液状化の判定のみを左右両方向で行い、その結果を以って地層データ毎に低減係数DEを自動算出することで、必要な計算実行の回数を1回に減らしました。

液状化による土質定数の低減を考慮した解析の作業フローを図1に示しますが、50%以上の作業を省略できるため、計算1回の所要時間が長ければ長い程、業務効率の向上が見込むことができます。

図1 液状化による低減を考慮した解析の作業フロー

2つの耐力照査に対応

既存の照査に加え、『道路橋示方書・同解説 IV下部構造編』におけるせん断耐力照査と、独立行政法人土木研究所発行『計算事例-10』における曲げ耐力照査に対応いたしました。

このせん断耐力照査は、レベル2地震時の耐震性能2および耐震性能3の照査に適用できる照査方法となっています。レベル1地震時の照査については、従来通り『コンクリート標準示方書 2012年制定 [設計編]』の照査方法を使用します。

この曲げ耐力照査は、揚排水機場の数少ない計算例の1つとして有名な『計算事例-10』の照査方法となります。これは、道示等に記載されている、部位毎に算出された設計曲げモーメントMdとひび割れ曲げモーメントMyを比較する耐力照査とは異なり、設計曲げモーメントMdと終局曲げモーメントMuと比較して照査を行います。

3Dアノテーションに対応

弊社では、CIM(Construction Information Modeling/Management)を推進しており、UC-1シリーズの各ソフトウェアにおいて、CIMモデルに構造特性(寸法・注記、数量等)やモデル管理情報を加えた「3DAモデル(3D Annotated Model)」を表示・出力できるように開発を進めています。

本製品においても、Ver.4にて3Dアノテーションに対応いたしました。本製品は、各スラブや各壁に対して、部材の削除や部材厚の変更が行えるため、図2のような複雑なモデルを作成することができますが、そのような場合にも寸法が表示できるように対応しています。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

図2 3Dアノテーションの表示例

(Up&Coming '19 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
水門の設計計算 Ver.5
砂防堰堤の設計計算 Ver.3
UC-win/Road Ver.14
ブロックUIプログラミングツール
プラグイン
UC-1 Cloud 自動設計シリーズ BOXカルバート

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/6  エンジニアのプログラミング
  入門体験
12/10  鋼橋自動/限界状態設計
  体験
12/11  橋梁長寿命化・維持管理
  体験
12/12  Engineer's Studio®活用

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション