Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
 サポートトピックス・CAD / UC-1シリーズ
柔構造樋門の設計・3D配筋のなぜ? 解決フォーラム
沈下量計算時の等分布荷重について
保守・サポートサービス関連情報
はじめに
「柔構造樋門の設計・3D配筋」では、本体縦方向の即時沈下量、側方変位量、圧密沈下量の計算を行い、残留沈下量を算出します。今回は、即時沈下量計算時にご注意いただきたい点についてご紹介いたします。

即時沈下量計算時の等分布荷重
柔構造樋門の即時沈下量の計算については、「柔構造樋門 設計の手引き」P-84から85には、堤体を等価な複数の帯状荷重に近似して沈下量の分布を求めると記載があります。この時の帯状荷重(等分布荷重)は、図1のように、盛土を横方向にスライスして分割したものになります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図1 即時沈下の計算モデル

等分布荷重の自動生成
本製品の即時沈下量、側方変位量の計算は、入力された堤防盛土から、等分布荷重を内部生成します。通常は、図2のように横方向の分割により等分布荷重を生成します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図2 横方向分割時の等分布荷重

ただし、堤防盛土の形状によっては、横方向の荷重分割が不可能と判断され、図3のように縦方向の荷重分割を行うことがあります。この縦方向の分割は、横方向分割とは異なりますので、前述の「柔構造樋門 設計の手引き」に準拠する場合は適切なモデル化ではないと考えられます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図3 縦方向分割時の等分布荷重

縦方向の荷重分割時の修正方法
荷重分割が縦方向となった場合、等分布荷重が横方向の分割となるように入力を修正する必要があります。今回は、等分布荷重を任意盛土荷重として入力する方法についてご紹介します。

  1. 本体縦方向|盛土|堤防盛土入力画面より、縦方向の分割となる盛土ブロックの「沈下計算」を「圧密」に変更します。この変更を行った盛土ブロックは即時・側方沈下量の計算には使用されなくなります。なお、圧密沈下量の計算については、縦方向に荷重分割を行いますので、縦方向分割となる盛土ブロックを用いることができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図4 堤防盛土入力画面の修正

  1. 図5のように堤防盛土を横方向に分割します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図5 堤防盛土の分割例

  1. 分割した各荷重について、本体縦方向|盛土|任意盛土荷重入力画面にて図6のように入力します。この時、沈下計算は「即時・側方」を指定します。この指定により、任意盛土荷重は即時・側方沈下量の計算にのみ使用されます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図6 任意盛土荷重入力例

修正後の等分布荷重につきましては、沈下量計算結果確認画面より確認する事ができます。図7より、横方向の分割となったことが分かります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図7 荷重分割修正後の等分布荷重


前ページ
  
インデックス
  
次ページ
(Up&Coming '19 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
水門の設計計算 Ver.5
砂防堰堤の設計計算 Ver.3
UC-win/Road Ver.14
ブロックUIプログラミングツール
プラグイン
UC-1 Cloud 自動設計シリーズ BOXカルバート

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/6  エンジニアのプログラミング
  入門体験
12/10  鋼橋自動/限界状態設計
  体験
12/11  橋梁長寿命化・維持管理
  体験
12/12  Engineer's Studio®活用

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション