Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

vol.7
スポーツ文化評論家 玉木 正之 (たまき まさゆき)
プロフィール
 1952年京都市生。東京大学教養学部中退。在籍中よりスポーツ、音楽、演劇、
映画に関する評論執筆活動を開始。小説も発表。『京都祇園遁走曲』はNHKでドラマ化。静岡文化芸術大学、石巻専修大学、日本福祉大学で客員教授、神奈川大学、立教大学大学院、筑波大学大学院で非常勤講師を務める。主著は『スポーツとは何か』『ベートーヴェンの交響曲』『マーラーの交響曲』(講談社現代新書)『彼らの奇蹟−傑作スポーツ・アンソロジー』『9回裏2死満塁−素晴らしき日本野球』(新潮文庫)など。2018年9月に最新刊R・ホワイティング著『ふたつのオリンピック』(KADOKAWA)を翻訳出版。TBS『ひるおび!』テレビ朝日『ワイドスクランブル』BSフジ『プライム・ニュース』フジテレビ『グッディ!』NHK『ニュース深読み』など数多くのテレビ・ラジオの番組でコメンテイターも務めるほか、毎週月曜午後5-6時ネットTV『ニューズ・オプエド』のMCを務める。
公式ホームページは『Camerata de Tamaki(カメラータ・ディ・タマキ)
テレビのモーニングショーでは扱いにくい(?)スポーツ界の「大問題」勃発!
陸上競技の「男女」の種目は、「性別検査(セックス・チェック )」で分けることができるのか?
ボクシングは、将来何年後まで存続するのか?

「最近、あまりテレビに出られませんねえ?」
遭う人ごとに、そんなことを言われる。

昨年は、日大アメフト部の悪質タックル事件をはじめ、大相撲の貴乃花部屋を巡る大騒動、女子レスリング界やアマ・ボクシング界のパワハラ騒動……等々、日本のスポーツ界に「事件」が相次いだ。

それに較べて今年は……というわけだが、じつは世界のスポーツ界では「大事件」といえる重大な出来事が2件起きていた。なのに、テレビで大きく取りあげなかったのは、それらのテーマが「ワイドショー」で取りあげるには深刻過ぎたからだろう。

その事件とは、ひとつは南アフリカの女子陸上中距離キャスター・セメンヤ選手に関する話題。彼女はロンドンとリオの五輪2大会の800m走で連続金メダル。世界陸上でも09年ベルリン、11年大邱、17年ロンドンと3度優勝。圧倒的な強さを誇ったが、敗れた選手のあいだから「彼女は男性」「両性具有の疑いもある」との声が続出。

IAAF(国際陸上競技連盟)も人権に配慮し、結果は非公開という条件で性別検査を行った。細胞を摂取してX染色体とY染色体を調べ、XXなら女性、XYなら男性と判定する検査は、1968年メキシコ五輪から採用されていた。が、それで「男女」を断定することは非常に困難で(性同一性障害や両性具有の人々も存在するので)、80年代以降は自己申告と外見のみで男女の区別が決定していた。

セメンヤ選手の場合は(海外の報道によれば)両性具有の可能性が高く、睾丸が存在しないので女性として育てられたが、子宮と卵巣も存在せず、体内には精巣が存在し、テストステロン(筋肉増強剤として体外からの摂取がドーピングとして禁じられている男性ホルモン)を、通常の女性の3倍量分泌していることがわかったという。

そこでIAAFは、彼女を排除するのも人権上不適切と判断し、女子中距離種目(400m〜1マイル走)に限ってテストステロン分泌量の上限を定め、超過している選手は女性ホルモン等の薬剤を用いてテストステロンの分泌量を規定内まで下げないと、女子の公式競技への出場は認めないことに決定した。

それに対してセメンヤ選手は、自分の生まれつきの身体を薬で制御するのはドーピング行為にほかならないとして、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に提訴。今年5月1日に下された裁定は、「IAAFの規定は差別的だが、競技の公平性を守るには必要」というものだった。

はたしてスポーツが、少数者を「差別」してもいいのか? 国連の人権理事会も「スポーツ組織は女子選手の身体に対して、不必要な医療行為を強いてはならない」という文書をIAAF会長宛に送った。

セメンヤ選手以外にも「女性ではない」と指摘された五輪選手も何人かいて、この問題は未来のスポーツのルール(あり方)を考えるうえで極めて重要な問題と言える。ひょっとして将来的には、パラリンピックが障害の程度で出場者を区別しているように、またレスリングなどの格闘技が体重制を取っているように、多くのスポーツも、ホルモンの分泌量による「分類」がなされるようになるかも?

もうひとつの大事件は、5月22日にIOC(国際オリンピック委員会)が、来年の東京大会でのボクシングの実施継続を決定したこと。

オリンピックのボクシング競技は1904年第3回セントルイス大会以来(12年第5回ストックホルム大会を除き)行われ続けてきた伝統ある競技だ。が、昨今は多くの問題が噴出。

レフェリーの「買収事件」「疑惑の判定」など日本のアマ・ボクシング界でも問題になった事件がオリンピックでも相次いで起きた。またAIBA(国際ボクシング協会)内部の金銭疑惑やガバナンス(組織統治)に透明性がないこと、会長がアメリカ財務省から「麻薬売買に関わる犯罪者」と指摘されるなど……で、東京五輪の組織委も、会場を両国国技館に決定はしたが、除外される可能性もあるとして、スケジュールは決めないでいた(昨年ワイドショーを賑わした日本ボクシング連盟の山根明会長=当時も、東京大会ではボクシングが中止されることを示唆する発言をしていた)。

が、IOCはAIBAの競技団体としての資格を停止したまま、選手を救済する措置として競技の実施を決定。各地域の予選はIOCが独自に行うと発表したのだ。 しかし、ボクシングの未来はけっして明るいものではない。

プロとアマチュアの垣根がなくなっているスポーツ界にあって、プロ・ボクシングの世界は、以前からマフィアなどの反社会勢力が牛耳っていたという歴史もある。また1964年の東京オリンピックでも、記録映画を創るときに、「平和の祭典のオリンピックで、なぜ出血するほど暴力的な格闘技が行われるのか」との声があがり、市川崑監督はボクシングの場面をカラーではなくモノクロにした。

ボクシングの世界的人気は根強いが、オリンピックには「暴力的過ぎる」という声も高い(IOCのバッハ会長も個人的にはボクシング否定論者だという)。

かつてプロのヘビー級チャンピオンとして49勝無敗(43KO)という不滅の大記録を残して引退たロッキー・マルシアーノ(映画『ロッキー』のモデル)も次のような言葉を残した。

《そのとき(ボクシングが禁止されるとき)は来るだろうね!必ず来るだろう―半世紀か四半世紀後―いやそれよりも近い将来に―必ず来るだろう(略)。人びとがさらに文明化されていくと、ボクシングは禁止されるはずだ。(略)いまから100年後、私たちはグラディエーター(註:古代ローマの剣闘士)のような存在になっているはずだ。歴史上の人物にね》(マイク・スタントン『無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアーノ』早川書房より)

このロッキーのの発言から、既に50年以上が経ったのだが……。

男女の区別が判然としなくなったスポーツ界や、未来の見えないボクシング界……。それらが、どのような未来を描くことができるのか? それを考えることこそ(テレビでは取りあげられない)現代のスポーツの最大テーマと言えそうだ。

 
 

前ページ
    
インデックス
    
次ページ



お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3次元鋼管矢板基礎の設計計算
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
RC断面計算(部分係数法・H29
道示対応) Ver.3
橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
Geo Engineer's Studio Ver.2
Shade3D Ver.20

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/17  バーチャルリアリティによる
  道路設計(東京)
10/23  橋梁下部工設計(H29道示)
10/24  2D・3D浸透流解析
10/25  UC-win/Road
  Advanced・VR(名古屋)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション