Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '18.05.07 新規リリース。
1.00.01 '18.06.14 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.0.3と同等の機能を有しています。

■機能改善

1.計算書関連
  • 数量計算書の出力に対応しました。

■不具合対策
1.入力関連
  • メイン画面の荷重の選択ボタン表示において、並べて表示にチェックがない状態で「地表面載荷荷重」画面のボタンが他のボタンと重なってしまうのを対策しました。
  • 橋座の設計において、斜角橋軸を指定した際の支承の角度が正しく取得されていなかったのを対策しました。
  • ファイル保存時に胸壁設計時の載荷荷重の値が正しく保存されなかったのを対策しました。
  • サンプルデータにおいて地表面載荷荷重の死荷重を10kN/m2から0kN/m2へ変更しました。

2.計算関連
  • 任意荷重において、荷重ケースに複数の任意荷重を指定した場合に2ケース目以降の任意荷重において、分布荷重か集中荷重かの指定に誤りが発生するのを対策しました。
  • 橋台背面土砂のレベル差を指定した場合において、胸壁省力タイプ時の載荷荷重の作用幅が受け台背面からになっていないのを対策しました。
  • 剛性モデルの算出において橋座面にマイナス勾配がある場合に胸壁下面の勾配分の重量が考慮されていないのを対策しました。また任意形状や胸壁前面突起がある場合において剛性モデルが極端に小さくなるのを対策しました。
  • 自動配筋計算において、最小鉄筋量の判定が正しく設定されておらず適切な配筋情報が決定されないケースがあるのを対策しました。
  • 軽量盛り土を後趾端より後ろとした場合において、計算実行エラーが生じるのを対策しました。
  • 直接基礎設計時の極限支持力及び合力Fr算出時の基礎幅Bについて、常に橋軸方向基礎幅と直角方向の基礎幅の短辺長が設定されていたのを対策しました。

3. 計算書関連
  • 杭基礎の計算書において、押込み力の制限値の計算過程のRyにRuの値が表示されているのを対策しました。
  • 胸壁省力タイプ時の胸壁設計計算書の形状図において、胸壁付根位置は照査を行わず、受け台位置のみを照査するとした場合に、形状図に表示される土圧の図が正しく表示されないのを対策しました。
  • 耐荷性能照査時のせん断照査において、β、λの角度にtanθの値が表示されていたのを度で表示するように対策しました。
  • 後趾設計時の載荷荷重の算出過程の鉛直力には、荷重係数を考慮しない値を表記するようにしました。
  • 杭基礎設計時の設計条件において、降伏引抜き力の特性値Pyの説明が極限引き抜き力の特性値となっていたのを対策しました。また、剛体判定を行う際のフーチングのヤング係数が0として表示されるのを対策しました。
  • 胸壁設計の土圧の出力過程において、DとD+Lのケースの出力が逆になって表示されていたのを対策しました。
  • 結果一覧計算書において、支持力の照査に用いる記号に誤りがあったのを対策しました。

4. 結果確認
  • 胸壁結果確認画面において、OK/NGの色表示が結果判定から反映されていない荷重ケースがあるのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.0.1について

2.付属設計
  • 踏掛版−操作説明(計算結果)
1.00.02 '18.07.17 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.0.4と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.入力関連
  • サンプルデータに「平成29年道路橋示方書に基づく道路橋の設計計算例」の設計データ(H29Cho2.pfa)を追加しました。
  • サンプルデータ「H29Kui1.pfa」において、検討する荷重ケースに「1.0(D+L)」,「D+TH+EQ」を追加しました。

2.計算書関連
  • 受け台,踏掛版の断面照査について、耐久性能と耐荷性能を別々の表にて表示するようにしました。
  • 橋軸段差フーチングにおいて、鉛直支持力及び滑動照査において斜面や段差の影響を考慮した設計が道路橋示方書に記載されていないため結果を表示しないことを表示するようにしました。

■不具合対策
1.計算関連
  • 落橋防止構造設計時のせん断耐力算出に誤りがあったのを対策しました。
  • 翼壁設計において、2辺固定版で照査したときの集計に荷重係数,組合せ係数が考慮されていないのを対策しました。
  • 翼壁設計において、軽量盛り土を使用したときに側圧の合計に荷重係数,組合せ係数が考慮されていないのを対策しました。
  • 慣性力の算出において、γpD(初期値1.0)の組合せ係数が考慮されていないのを考慮するように修正しました。

2.計算書関連
  • 直接基礎の安定計算において、誤字を修正しました。
  • 直接基礎の安定計算において、根入れ地盤と分担する場合の水平力の照査の計算値と制限値の表示の誤りを対策しました。併せて結果確認画面に根入れ地盤の項目が表示されないのを対策しました。

3.入力関連
  • データ読み込みにおいて、付属設計の翼壁の設計の荷重係数EQの読み込みに誤りがあったのを対策しました。併せて基準値の入力値を初期化するようにしました。
  • 初期入力画面において、落橋防止構造を無しから有りとした際に、落橋防止構造の配筋情報を初期化するようにしました。
  • 保存した入力データを開くことができない場合があった点を対策しました。
  • 「基礎の設計・3D配筋」との連動時に、3D配筋ビューワ制御ファイル(*.conf)が常に入力データファイル名で保存される点を対策しました。

4.結果確認関連
  • 橋軸段差フーチングを照査した場合において、照査位置毎に選択した曲げによる照査、せん断力による照査が正しく表示されていないのを対策しました。
  • 胸壁断面計算において、落橋防止構造の照査がない状態でも支圧応力度の照査の項目が表示されていたのを対策しました。

5.図面関連
  • 数量計算書の平面図に不要な線が作図される場合があった点を対策しました。
  • 数量計算書の形状寸法図が入力した形状と異なる場合があった点を対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.0.2について

2.操作方法
  • 「入力モードの操作」
  • 荷重−荷重(上部工反力)
1.00.03 '18.08.09 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.0.5と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.計算関連
  • 上部工反力において、温度変化等の荷重の指定に対応しました。併せて「上部工反力」画面で指定できる荷重の組合せの種類を追加しました。
  • 部材の指定において、一般部材/水中部材の選択を気中部材/水中部材/一般部材の選択に変更しました。気中部材においては、耐久性能の照査において腐食の照査を行います。また、水中部材、一般部材では耐久性能の疲労の照査において、応力度の制限値が異なります。
  • 竪壁保耐設計時において、上部工鉛直反力にその他の項目において入力した鉛直反力を考慮するようにしました。
  • PHC杭のせん断力に対する照査(限界状態1)に対応しました。

2.入力関連
  • 旧データ読み込み時において、翼壁の載荷荷重は、載荷荷重D+Lに反映するようにしました。
  • 新規作成時のデフォルトの荷重名称を変更しました。浮力有りのケースは、+Uを付けた荷重名称となります。

3.計算書関連
  • 設計条件の土圧において、「地震時の土圧算出式の設計水平震度には、地震の影響(EQ)に対する荷重組合せ係数、荷重係数を乗じる」の説明で表記しました。
  • 直接基礎の安定照査において、支持地盤が岩盤以外の場合に結果一覧の限界状態1の地盤反力度の照査を表示しないようにしました。
  • 底版設計時において、せん断スパン比が2.5より小さい(=Cdcが1.0より大きい)場合は、有効高の変化を考慮したせん断力Shをバー表示としました。

■不具合対策
1.入力関連
  • 「荷重」−「設計震度」画面において許容塑性率の入力が表示されていたのを削除しました。
  • 旧データ読み込み時において、載荷荷重地震時ケースの地表面載荷荷重Qlに値がある場合にD+Lに変更されているのをD+EQに変更するようにしました。
  • 「永続/変動作用荷重ケース」画面の荷重一覧において、常時の表示が残っていたのを修正しました。また、上部工反力RLの表示が常にされていたのを修正しました。
  • 付属設計の「翼壁の設計」において、荷重名称が初期化されるのを対策しました。また部分係数の組合せDとD+LのEの値,D+TH+EQ,D+EQのDの値が保存されないのを対策しました。
  • メイン画面の3D描画において、前面土砂が橋座面より上にある場合に描画エラーが発生するのを対策しました。

2.結果確認関連
  • 落橋防止構造設計時の判定がNGの場合において、胸壁断面計算の結果確認画面がNG表示とならないのを対策しました。

3.計算書関連
  • 「荷重」−「永続/変動作用荷重ケース」画面の荷重一覧において、活荷重を含むケース以外にも上部工反力の活荷重が表示されていたのを修正しました。
  • 省力タイプ時に受け台に勾配がある形状において、計算書の形状図が正しく描画されていないのを対策しました。
  • せん断照査時の圧壊に対するせん断力の制限値に表示するせん断力が絶対値でなかったのを対策しました。

4.計算関連
  • PHC杭の杭体照査時において、スパイラル鉄筋量に誤りがあったのを修正しました。
  • スパイラル鉄筋の入力画面でSD295の選択肢があったのを削除しました。
  • 1.0(D+L)ケースでも杭体の耐荷性能の照査を行っていたのを修正しました。
  • PHC杭のKv算出時の断面積の扱いを換算断面積としても正しく計算に反映されていなかったのを修正しました。
  • レベル2底版照査時において、せん断補強鉄筋の鉄筋量が0となっているのを修正しました。
  • 前後趾に傾斜がある場合および受け台の有効高の変化を考慮する場合に、せん断力に有効高の変化を考慮していなかったのを修正しました。
  • 竪壁保耐の設計において、上部工死荷重の曲げモーメントに荷重係数が考慮されていないのを対策しました。

5.図面関連
  • 底版後趾がない形状の場合、配筋要領図の底版組立筋ピッチが倍ピッチで表示される場合があった点を改善しました。
  • 竪壁がない形状の場合、配筋要領図に中間帯鉄筋の配筋情報を作図しないように改善しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.0.3について

2.操作方法
  • 「入力モードの操作」
     材料−材料(躯体)
     荷重−荷重(上部工反力)
1.00.04 '18.09.21 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.0.6と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.入力関連
  • 入力荷重ケース数を20ケースから40ケースに増やしました。杭基礎時の最大ケース数は、地震時の液状化考慮と無視を含んで40ケースとなります。また、載荷位置abcを含んだケースの最大は60ケースが上限となります。
  • 基準値において、コンクリートの平均せん断応力度(τc)のσck=50の値を0.44、σck=80の値を0.47としました。
  • 「躯体」画面において地覆や胸壁天端に勾配がある場合は、「初期入力」画面の橋台の高さの入力は行えないように変更しました。地覆や胸壁天端に勾配がある場合は、「躯体」画面にて橋台寸法を変更してください。

2.計算関連
  • 踏掛版の設計において、気中部材として照査していましたが一般部材(土中部材)として設計するように変更しました。

■不具合対策
1.入力関連
  • 「地表面荷重」画面において、活荷重が複数あるケースにおいて載荷位置が指定通りに保存できないのを対策しました。
  • 旧データ読み込み時に、胸壁設計時に雪荷重を考慮するにチェックがある状態で計算を実行すると、計算書に不要なケースが表示されるのを対策しました。

2.計算関連
  • 胸壁前面突起,桁かかり長の照査において、耐久性能及び耐荷性能の照査に誤りがあったのを対策しました。
  • 橋台本体における杭基礎の設計において、液状化有無を照査した際に液状化考慮が計算されていないのを対策しました。併せて底版設計時においても液状化有無で危険な方を照査となっていなかったのを対策しました。
  • 「深礎フレーム・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」との連動において、直角方向を検討する際の柱下端の作用力の集計で任意荷重が竪壁と底版にかかる場合に、壁位置で分割されていなかったのを対策しました。
  • 底版照査で有効幅を指定した際のせん断照査において、単位幅のせん断補強鉄筋量を用いて照査を行っていたのを対策しました。

3.結果確認関連
  • 底版照査時において、せん断補強鉄筋比の照査が表示されていないのを対策しました。
  • 張出部照査時において、橋軸方向の反力を使用するとした際に結果が表示されていないのを対策しました。
  • 結果総括において、張出部照査が表示されていないのを対策しました。

4.計算書関連
  • 「永続/変動作用荷重ケース」画面にて1.0(D+L)の組合せケースで安定照査をしないとしても計算書に表示されてしまうのを対策しました。
  • 結果一覧計算書において、橋座の設計を表示した際に縁端距離の照査が0となっているのを対策しました。
  • 結果一覧計算書において、安定照査時に危険ケースと異なるケースが表示されていたのを対策しました。
  • 詳細計算書において、直角方向の安定照査を行った際に限界状態の結果に1.0(D+L)のケースが表示されるのを対策しました。
  • 張出部照査において、拡幅部の照査をするとした際に計算書に結果が表示されないのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.0.4について

2.操作方法
  • 「入力モードの操作」
     荷重−荷重(上部工反力)
1.00.05 '18.10.31 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.0.7と同等の機能を有しています。

■不具合対策
1.入力関連
  • 旧データ読み込み時に、橋座面より上に土砂がある場合に3D描画でエラーが発生し入力データを読み込むことができないのを対策しました。
  • 旧データ読み込み時に、「上部工反力・地表面載荷」のケースが5ケース以上ある場合にエラーが発生し入力データを読み込むことができないのを対策しました。
  • 旧データ読み込み時に、基礎側の荷重タイプの再設定を行うようにしました。
  • 付属設計の翼壁の設計において、プレビューができなくなっているのを対策しました。
  • 付属設計の翼壁の設計において、結果画面上からHTMLファイル保存ができないのを対策しました。
  • 付属設計の翼壁の設計において、気中部材を選択時に引張応力度の制限値が160N/mm2で初期化されるのを対策しました。
  • 付属設計の翼壁の設計において、旧データ読み込み時にに部分係数を初期化するようにしました。
  • 「永続/変動作用時の荷重ケース」画面において、地表面荷重を組合せていない場合のメッセージが空白で表示されていたのを対策しました。
  • 「上部工反力」画面の組合せにおいて、D+EQ+THを選択した際に地震動のEQの水平反力に初期入力の値が設定されてないのを対策しました。

2.計算書関連
  • 前趾、後趾設計時の部材照査の表において、モーメントの符号が集計表の符号と逆になっていたのを対策しました。表示のみの問題で計算結果に影響ありません。
  • SC杭において、杭体照査の交換の許容値(圧縮、引張)の符号が逆になっていたのを対策しました。

3.図面関連
  • 数量計算書の躯体形状が、入力した躯体形状と異なる場合があった点を修正しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.0.5について
1.01.00 '18.11.28 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.1.0と同等の機能を有しています。

■機能追加
1.出力関連
  • 設計調書出力への対応を行いました。
    設計調書は、当社独自の書式にて、以下を用意しています。
      (1)部材照査(胸壁,竪壁,前趾,後趾,翼壁)
      (2)直接基礎
      (3)杭基礎(永続/変動) ※単独設計時のみ出力

■機能改善
1.結果確認関連
  • 永続/変動作用の部材照査において、曲げ照査とせん断照査を別々のタブで出力するようにしました。また、以前と同じように一括での出力への切り替えも行えるようにしました。

2.入力関連
  • 作用ケースの組合せに平成29年道路橋示方書T P.49と同じ番号を表示するようにしました。併せて計算書の設計条件及び部材設計の断面計算の荷重ケースの種類に番号を表示するようにいたしました。

3.連動関連
  • 深礎フレーム連動において、骨組み連動を行う場合は、橋台側でも底版照査を行うようにしました。 これにより深礎フレーム側との連動時の動作が変更になります。
     (1)底版照査を片持ち梁として照査のみの場合、深礎フレーム側のみでの照査となります。
     (2)底版照査を骨組み解析のみの場合、橋台側でも底版照査を行います。

4.計算関連
  • 耐久性能の照査時のせん断力が作用する鋼材の引張応力度(疲労)σs照査において、せん断補強筋が負担するせん断力の合計Ss>0の場合でせん断補強鉄筋が未入力の場合は、σsを999.999として判定をNGとするようにしました。

5.計算書関連
  • 竪壁の設計(レベル2地震時)において、応答変位の算出式を追加しました。

■不具合対策
1.入力関連
  • 地表面荷重の描画が、入力画面と一致していないのを対策しました。
  • 震度連携時において、震度連携メニューに不要な入力があったのを削除しました。
  • 橋座の設計において、せん断抵抗面積を直接指定とした場合は、斜角によるデータチェックをかけないようにしました。のを対策しました。

2.計算関連
  • 杭基礎で地下水位が底版下面より下にある場合に、押込み力の制限値に誤りがあったのを修正しました。
  • 受台及び踏掛版の設計において、D+Lケースの地表面荷重Qdが作用ケースDのQdを用いていたのを作用ケースD+Lの入力値を用いるようにしました。
  • 落橋防止構造の水平耐力算出時のせん断耐力において、Sc及びSsに補正係数k=1.3が考慮されていないのを対策しました。

3.計算書関連
  • 直角方向張出部において、直角方向にせん断照査位置がない場合の橋軸方向荷重による出力ケースに誤りがあったのを対策しました。
  • 回転杭の引抜き力の制限値の計算式の出力に誤りがあったのを修正しました。
  • 結果一覧、結果総括において、同じ作用ケース内の載荷位置毎の耐久性能,耐荷性能の照査に危険値が表示されていないのを対策しました。
  • 計算書、結果確認において杭基礎時の荷重名称にaの表示がなかったのを対策しました。
  • 結果一覧計算書において、竪壁の設計の最大鉄筋量の結果が正しく出力されないのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.1.0について

2.操作方法
  • 標準的な処理の流れ−「設計調書」の作成
  • メニューの操作−ファイル
1.02.00 '18.12.12 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.2.0と同等の機能を有しています。

■機能追加
1.出力関連
  • 「UC-1 Engineer’s Suite 積算」との連携において、数量表過程を追加しました。
    ※「UC-1 Engineer’s Suite 積算」(Ver.5.0.0以降)が必要です。

2.入力関連
  • 「メイン画面-形状確認-3D」画面において、3次元躯体寸法表示(3次元寸法線表示)に対応しました。
  • 深礎連携において、胸壁上の地表面載荷荷重を連携できるようにしました。
    対応バージョンは、「UC-1 Engineer’s Suite深礎フレーム・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」Ver.1.1.0となります。

■不具合対策
1.入力関連
  • 任意荷重において、任意荷重の種別がファイル読み込み後にDになるのを対策しました。

2.計算書関連
  • 踏掛版の照査において、D+Lケースに表示しているMDの値が、DケースのMDの値を表示していたのを対策しました。

3.結果確認関連
  • 底版張り出し部の結果において、表示している作用ケースに誤りがあったのを対策しました。

4.図面関連
  • 胸壁に複数の開口を設けた場合に、計算書(配筋要領図)や図面生成の際にエラーが生じ正常に生成できない点を修正しました。
  • 躯体サイズが小さい場合に配筋要領図の組立筋情報(文字)が、計算書枠外に作図される点を修正しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.0について
1.02.01 '19.01.31 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.2.1と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.出力関連
  • 結果詳細計算書の設計条件の出力を変更しました。
     1)作用の組合せに表示している永続変動作用の表示を作用の組合せを表示するようにしました。
     2)上部工反力の偶発作用時の鉛直反力は、合計ではなく荷重事に表示するようにしました。
     3)部分係数の荷重係数、組合せ係数に、荷重の略称の説明を追加しました。

2.計算関連
  • 落橋防止構造のせん断力照査にウェブコンクリート圧壊の照査を追加しました。

3.結果確認関連
  • 直接基礎設計時の結果総括において、変位制限時の結果を表示するようにしました。

■不具合対策
1.入力関連
  • 「考え方」−「安定計算(杭基礎)」画面に直接基礎照査時の鉛直支持力の照査の選択が表示されるのを修正しました。また、画面ヘルプが開かないのを対策しました。
  • 「初期入力」画面確定時の初期設定において、「荷重」−「胸壁設計」画面の載荷荷重D+Lには、載荷荷重Qdの値を反映するようにしました。

2.結果確認関連
  • 自動土圧算出時の作用力の集計において土圧力に係数が考慮されていない値が表示されているのを対策しました。
  • 結果確認画面の判定において、判定がNGとなっていないケースがあったのを対策しました。

3.計算書関連
  • 結果詳細計算書において、無筋照査を選択した際に結果一覧に無筋時の結果が表示されていたのを非表示としました。
  • 結果一覧計算書において、せん断力照査時にせん断力のみ表示していたのを有効高の変化の影響を考慮したせん断力も表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書の安定照査において、根入れ部分に作用する水平荷重の照査のPdpの値が表示さないのを対策しました。
  • 結果一覧計算書の断面計算時の章番号について、翼壁設計等においても揃えるようにしました。
  • 入力データ出力において、出力の誤り及び誤字を修正しました。

4.計算関連
  • 杭基礎単独設計時の支持杭の基礎ばね(固有周期)において、動的変形係数を用いて支持杭のkv値を算出するように修正しました。また、基礎ばねの算出時にエラーが発生する場合があったのを対策しました。

5.設計調書関連
  • 最小鉄筋量の判定が1.7Mc>Mの場合でもMu<Mcと表示されるのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.1について
1.02.02 '19.02.07 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.2.2と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.入力関連
  • 支承の水平反力の取り込みにおいて、平成29年道路橋示方書 X耐震設計編 P.261の設計水平震度の0.45倍から算出された慣性力を取り込むようにしました。
    本機能を使用するには、「UC−1 Engineer’s Suite震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)」Ver.2 (「震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)」Ver.3)以降で算出した結果が必要となります。Ver.2より前のバージョンで算出した結果を取り込んだ場合、支承の水平反力は0となります。
  • 杭基礎において、Kv値の直接指定に対応しました。
  • 「橋座の設計」の入力画面において、Rd,Phは組合せ係数及び荷重係数を考慮後の値を入力する説明を記載しました。
  • 3Dモデル出力において、DXF,DWGへの出力に対応しました。

■不具合対策
1.入力関連
  • 回転杭の場合において、摩擦杭が選択できるようになっていたのを支持杭固定としました。

2.計算関連
  • 回転杭の場合において、軸方向ばね定数の鉛直方向地盤反力係数kvを羽根径で計算するようにしました。
  • 杭基礎において、底版下面位置が2層目以深になるとき、杭先端の極限支持力qdが正しく算出されないのを対策しました。

3.計算書関連
  • 底版拡幅がある場合において、印刷プレビュー時に終了する場合があったのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.2について
1.02.03 '19.03.28 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.2.3と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.入力関連
  • 基礎ばね連動用XMLファイルのインポートにおいて、ケーソン基礎及び鋼管矢板基礎に対応しました。
    ※「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」(Ver.2.3.0)以降でエクスポートしたファイルが対象です。
  • 「震度算出・支承設計(部分係数法・H29道示対応)」からの結果取り込みにおいて、慣性力の取り込み対象を選択できるようにしました。

2.計算関連
  • 上部工反力の雪荷重SW選択時の水平力において、慣性力として作用ケースEQ時の荷重係数,組合せ係数を見込むようにしました。

3.計算関連
  • 段差フーチング時において、鉄筋配置情報を表示するようにしました。

■不具合対策
1.入力関連
  • 深礎連動時において、レベル2地震時に水位を2ケース指定した場合の2ケース目の柱下端の作用力が連動されていないのを対策しました。

2.計算関連
  • 落橋防止構造の結果の判定において、判定に誤りがあったのを対策しました。
  • 深礎連動時において、柱下端作用力に集計する受け台の重量は、安定計算の受け台の設定に応じて重量を考慮/無視するようにしました。
  • 前趾、後趾設計時の側面土砂において、荷重係数が考慮されていないのを対策しました。

3.結果確認関連
  • 底版張出部の照査において、拡幅部として設計した際にせん断照査位置の結果が表示されなかったのを修正しました。

4.計算書関連
  • 安定計算の転倒照査において、結果一覧と結果詳細の危険値算出の抽出ケースに相違があったのを修正しました。
  • 設計条件の上部工反力の項目において、直角方向のみを指定したケースが表示されないのを対策しました。
  • 単独設計時の杭基礎において、負曲げのみの場合に列番号や軸力が0と表示されるのをバー表示とするようにしました。
  • 安全性の検討(レベル2地震時)において、土圧の項目の最終結果に荷重係数を考慮した値を表示していたのを修正しました。
  • 胸壁設計時の背面EQ無しの照査において、せん断照査の結果に腐食と疲労の結果が同時に表示されるのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.3について
1.02.04 '19.06.03 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.2.4と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.入力関連
  • 震度算出において、取り込み時画面の「固定支承、弾性支承の水平反力」の取り込みの選択状態をファイルに保存するようにしました。

■不具合対策
1.計算関連
  • 「上部工反力」画面において、ケースを追加した際に荷重組合せで「D+L」を選択すると活荷重に「初期入力」画面の値が正しく反映されないのを対策しました。
  • 橋台単独設計時の杭基礎において、杭の極限支持力の特性値算出時の地盤の種類の扱いに誤りがあったのを対策しました。

2.計算書関連
  • 結果一覧計算書の竪壁保耐の残留応力の判定に誤りがあったのを対策しました。
  • 入力データの出力において、翼壁配筋の出力でD'が不要な場合でも表示されていたのを非表示としました。
  • 計算書において、許容の文字が残っていたのを制限値へ変更しました。

3.設計調書関連
  • 設計調書出力選択時に杭反力のみで検討した際にエラーとなるのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.4について
1.03.00 '19.07.04 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2.3.0と同等の機能を有しています。

■機能改善
1.入力関連
  • 杭基礎において、2.5次元解析連動に対応しました。
    ※連動するには、「UC-1 Engineer’s Suite 基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」Ver.2.0.0以降が必要となります。

2.計算書関連
  • 計算書において、荷重ケース名称が長い場合に省力していたのを省略せずに改行するようにしました。

■不具合対策
1.計算関連
  • 竪壁(レベル2地震動の照査)において、重要度A種の橋及び動的解析結果を用いるとした場合に最大応答塑性率が0に初期化されるため、khp算出時において常に弾性応答として連動されるのを対策しました。また、このとき、水平変位δの算出時に最大応答塑性率μrが0として計算されていたのを対策しました。

2.計算書関連
  • 結果一覧計算書の竪壁保耐の結果において、柱に塑性化を期待しない場合で、破壊形態がせん断破壊型の照査になった際にNGの判定が表示されないのを対策しました。
  • 結果詳細計算書の後趾設計時の鉛直土圧成分の記号の説明において、qfとqrの説明が逆になっているのを対策しました。
  • 結果詳細計算書の竪壁のその他荷重の出力において、任意荷重に慣性力を考慮した場合に係数のかかっていない水平力が表示されるのを対策しました。

3.入力関連
  • 橋脚として連動時のL2慣性力方向の向きで、照査方向を両方向とした場合、基礎側の慣性力の向きを正方向で指定し、一旦保存後、再度読み込むと基礎側の慣性力の向きが負方向とならないように対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.3.0について
2.00.00 '19.09.09 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3.0.0と同等の機能を有しています。

■機能追加
  1. 「Engineer's Studio」(Ver.8)データのエクスポートに対応しました。
     ※竪壁保耐の計算を行う必要があります。メニュー「ファイル−Engineer's Studioデータエクスポート」で行ってください。
     ※全体系モデルのエクスポートを行うには「UC-1 Engineer's Suite 震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)」(Ver.2.0.0)以降との連携が必要です。

■機能拡張
  1. 計算:部材種類の選択(一般/気中/水中)を拡張しました。
    胸壁は前背面,竪壁は照査位置及び前背面,底版は前趾後趾上下面,翼壁は部材照査位置毎に指定が可能です。
  2. 計算:PHC杭のせん断スパンについて、道路橋示方書WP.562のせん断スパン比の算出方法に対応しました。また、JIS強化杭(スパイラル鉄筋入力がある場合)においては、せん断スパン比の上限を1.5とするようにしました。せん断スパン比の変更により、計算結果のせん断力の制限値に影響があります。
  3. 計算:胸壁及び竪壁前面の突起において、鉛直反力として死荷重と活荷重を考慮できるようにしました。また、作用の組合せにおいても、D,1.0(D+L),D+Lを検討できるようにしました。作用力の入力が荷重係数・組合せ係数考慮から、考慮しない値に変更になりますので、再度入力画面を確認する必要があります。
  4. 計算:翼壁FEM解析において、翼壁c部,c'部照査時において最大だけではなく平均を選択できるように拡張しました。
  5. 計算:橋座の設計において、支圧応力度の照査に対応しました。
  6. 計算:胸壁の設計において、任意荷重を作用組合せ毎に指定できるようにしました。
  7. 入力:胸壁及び翼壁において、作用組合せ毎に地表面荷重を入力できるように拡張しました。雪荷重を考慮する場合は、D+L及びD+TH+EQに入力してください。
  8. 図面:3D配筋生成において、3Dアノテーション(3D躯体寸法線の表示)に対応しました。

■機能改善
  1. 入力:段差フーチング時の杭基礎において、「杭反力のみ」の選択できるようにしました。
  2. 計算,計算書:橋座の設計において、検討ケースの最大数を増やしました。併せて計算書のレイアウトを見直しました。
  3. 計算:踏掛版の設計において、気中部材としての計算に対応しました。
  4. 計算:コーベルとして計算した場合において、側面鉄筋の照査及び限界状態3による照査を行うようにしました。また、コーベルとしての条件に一致しない場合は、照査をしないようにしました。
  5. 計算:「Engineer's Studio」エクスポート対応により、翼壁FEM解析時のメッシュ分割も変更されました。変更より結果に相違が生じる場合があります。
  6. 計算:地表面荷重において、地震動の方向を前→後とした際の慣性力を0としていたのを背面土砂の慣性力の選択により考慮/無視とするようにしました。
  7. 計算書:結果詳細計算書において、作用力の集計の記号を変更しました。

■不具合対策
  1. 入力:側面土圧を考慮する際において、「荷重」−「地表面荷重」画面に側面土砂のQdの入力が隠れて表示されないのを対策しました。
  2. 入力:「震度算出(支承設計)」からの取り込みにおいて、「上部工水平反力」画面でD+TH+EQケースを指定した場合に取り込まれていないのを対策しました。
  3. 入力:旧データ読込において、右翼壁の載荷荷重Qの読込に問題があり対策しました。
  4. 計算:杭基礎の計算において、先端付近で杭体のせん断耐力が最大となる場合に杭体のせん断照査が表示されないのを対策しました。
  5. 計算書:結果詳細計算書の設計条件において、竪壁保耐設計時がある場合に直角方向のレベル2地震時のその他荷重が表示されないのを対策しました。
  6. 計算書:結果詳細計算書の安定計算において、任意土圧を指定した場合に側面土圧の項目がまとまって表示されるのを対策しました。
  7. 計算書.結果確認:竪壁保耐に動的照査時を適用した場合において、結果の変位や耐力の結果が表示されていたのを表示しないようしました。
  8. 結果確認:竪壁保耐計算の結果判定の色の表示おいて、判定結果の表示に誤りがあったのを対策しました。
  9. 設計調書:翼壁のせん断補強鉄筋の出力において、右翼壁のせん断補強鉄筋に左翼壁のせん断補強鉄筋が表示されていたのを対策しました。
  10. 設計調書:深礎フレーム連動時において、フーチングの結果が表示されないのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.0.0について
  • プログラムの機能概要−機能及び特長

2.操作方法
  • メニューの操作−ファイル
  • 『入力』モードの操作
     初期入力−初期入力
     材料−材料(躯体)
     基礎−基礎(杭の条件)
     基礎−基礎(杭の配置)
     荷重−荷重(荷重の扱い)
     荷重−荷重(上部工反力)
     荷重−荷重(地表面荷重)
     荷重−荷重(土砂)
     荷重−荷重(任意土圧)
     荷重−荷重(任意荷重)
     荷重−荷重(永続/変動作用時の荷重ケース)
     荷重−荷重(偶発(レベル2地震動)の荷重ケース)
  • 震度連携画面の操作
     非線形動的解析データ出力設定

3.非線形動的解析プログラムへのエクスポート
  • 非線形動的解析モデル
  • 非線形動的解析データ(対応モデル一覧)
  • 非線形動的解析データ
  • M-φ特性、M-θ特性

4.計算理論及び照査の方法
  • 断面計算−最小鉄筋量の照査
  • 断面計算−最大鉄筋量の照査
2.00.01 '19.10.29 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3.0.1と同等の機能を有しています。

■変更内容
【ライセンス認証】
  • 2019年10月のWindows Update 月例パッチ適用後、通信エラーが発生しWeb認証が出来ない場合がある不具合を修正しました。

■不具合対策
1.計算関連
  • 任意荷重の適用対象が「躯体」,「土砂」において、照査方向に以外の慣性力(橋軸方向の照査に対して直角方向の慣性力)を考慮していたのを対策しました。
  • 竪壁保耐の計算において、動的解析を適用した場合の耐力の余裕判定にμlsdが1.0として計算されるのを対策しました。
  • 踏掛版計算時において、実行エラーとなる場合があったのを対策しました。

2.計算書関連
  • 結果一覧計算書の竪壁の総合判定において、判定に誤りがあるのを対策しました。
  • 竪壁保耐の計算を行う場合において、安全性の検討の竪壁重量の結果に任意荷重の重量が考慮されて出力されるのを対策しました。計算結果には影響ありません。
  • 計算書及び設計調書において、付属設計の翼壁の結果を用いた場合に本体の計算書に結果が表示されないのを対策しました。
  • 落橋防止設計時の耐力照査時の降伏曲げモーメントの記載において、道示の参考文献の表記が平成24年のままとなっていたのを修正しました。

3.結果確認関連
  • 結果画面の判定色において、胸壁の断面計算結果が正しく判定色に表示されないのを対策しました。

4.入力関連
  • 「材料」−「躯体」画面の鉄筋材質において、基準値画面で追加して鉄筋材質が選択できないのを対策しました。

5.設計調書関連
  • 設計調書において、Myd,Mudの単位の誤りを修正しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.0.1について
2.01.00 '19.12.06 本バージョンは、橋台の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3.1.0と同等の機能を有しています。

■機能拡張
1.計算関連
  • 落橋防止構造について、以下の照査機能を追加しました。
    (1)胸壁曲げ照査時の限界状態の計算について、限界状態3を照査するかどうかの選択を追加しました。
    (2)胸壁が曲げ破壊型かどうかの照査を追加しました。
    (3)軸方向鉄筋比に関する補正係数Cptについて、道示Vを用いるかどうかの選択を追加しました。
  • 橋座の設計において、せん断補強鉄筋比の表示を追加しました。表示するには、橋座設計画面の考え方において、Pbs=Pc+Psとするの選択を行う必要があります。

■機能改善
1.計算関連
  • 翼壁の設計において、土砂高が45度分布のb点より下の場合でもC部,C'部の検討を行えるように対応しました。

2.計算書関連
  • 翼壁の設計において、フルウイング時にA部,B部,C部で負担を選択した場合に片持ち梁の結果との比率を表示できるようにしました。これによりA部,B部,C部で負担とした際に入力された形状に適用できるかどうかの判断とすることができます。

3.入力関連
  • 杭基礎と連動した場合において、レベル2地震時の設計水平震度khgが0の場合に計算実行時にメッセージを表示するようにしました。

■不具合対策
1.計算関連
  • 耐久性能の照査において、有効高の変化を考慮した場合に変化を考慮していないせん断力を用いていたのを対策しました。
  • 杭基礎の支持力算出において、中掘最終打撃時の地盤条件が正しく取得できていなかったのを対策しました。
  • 上部工反力の水平力において、直角方向照査時のEQケース以外の水平力が逆方向となる場合があるのを対策しました。

2.入力関連
  • 「荷重」−「設計震度」画面の固有周期からの設計震度の算出において、四捨五入が正しくされない場合があったのを対策しました。
  • 付属設計の側方移動の判定において、杭本数の表記を計算書に合わせて杭列数としました。

3.計算書関連
  • 結果詳細計算書の上部工反力の出力において、活荷重Lケースの集計のMyの値がMxに表示されていたのを対策しました。

■ヘルプ関連
本体プログラム
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.0について


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
水門の設計計算 Ver.5
砂防堰堤の設計計算 Ver.3
UC-win/Road Ver.14
ブロックUIプログラミングツール
プラグイン
UC-1 Cloud 自動設計シリーズ BOXカルバート

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/6  エンジニアのプログラミング
  入門体験
12/10  鋼橋自動/限界状態設計
  体験
12/11  橋梁長寿命化・維持管理
  体験
12/12  Engineer's Studio®活用

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション